アメリカ合衆国横断。ワシントンDCの素晴らしい博物館。

森ですユタ州のソルトレイクシティにいます。今回はワシントンDCのスミソニアン博物館群についてです。アメリカは物価が高いので観光できる場所が限られています。無料か、安い場所です。ワシントンDCの素晴らしいところはミュージアムが無料だということ。世界的に有名なスミソニアン博物館もすべて無料です。ありがたい。スミソニアン学術協会が運営する多くのミュージアムの総称です。ワシントンでは、中心部にある長方形の大き... 続きを読む

アメリカ合衆国横断。ワシントンDCの観光名所でアメリカを考える。

森ですアメリカを横断しています。ユタ州のsalt lake cityソルトレイクシティにいます。今回はワシントンDCの観光をお届けします。まずはやはりここ。アメリカ合衆国大統領官邸white house(ホワイトハウス)です。街の中心部にあります。思ったより警備は少ないです。オバマさんはいませんでした。銃乱射事件があったコネチカットで演説があるのでそちらに行っているのかもしれません。ホワイトハウスの裏にはクリスマスツリーが... 続きを読む

コソヴォ国立美術館訪問のあと、食堂で飯を食べる。

前回、マケドニアのスコピエからコソヴォ共和国への行き方と首都プリシュティナの様子を書きました。コソヴォ共和国・プリシュティナの様子今回はプリシュティナにあるコソヴォ国立美術館(National art museum of Kosovo)と、そこらへんのレストランでの食事の様子をお届けします。コソヴォ国立美術館は首都プリシュティナの繁華街にあります。通りがかりのお兄さんに道を聞いてみる。「美術館ってどこですか?」と私。「ああ、... 続きを読む

ティラナのアルバニア国立美術館

旅先の美術館は、私の楽しみの一つ。アートをみれば、その国の美意識やあるいは政治的or思想的経緯がみてとれることもあります。西ヨーロッパから東欧の旧ソ連圏を南下していきながら美術館にも立ち寄ってきましたが、旧ソ連圏の時代の芸術は、統制もあってかやはり労働や質素さ、堅牢さを前面にだした(出さざるをえなかった)暗いタッチの者が多かった。しかし旧ソが解体してからもその暗く抑えなタッチはあまり変わらない国が多... 続きを読む

ペテルブルグ:世界最高峰!エルミタージュ美術館。

森ですクロアチアのドヴログニクにいます。しかし更新の方はまだロシアです。もう一か月以上前のことなんだな・・さて政治・経済のモスクワに対して、ペテルブルグは文化の街。その象徴ともいえるべき二つの場所がエルミタージュ美術館とマリインスキィ劇場です。エルミタージュ美術館!。・世界三大美術館のうちの一つ。・所蔵作品300万点。・世界遺産。三大美術館のうち二つパリのルーヴル美術館ニューヨークのメトロポリタン... 続きを読む