その94麺相:フィリピンの姉妹麺マミとロミの、マミの方。

世界百面相のコーナー今回はフィリピンの麺類です。町を歩いていて一番よく見かけるのがMAMI(マミ)という麺類。屋台や、ちょっとした食堂なんかにもある。食事というよりは、軽食といった感じで出すところも多く、間食としてさっと食べていく人もいる。こちらは、LAOAG(ラワグ)の裏通りにあった、MIKI STAND(ミキ・スタンド)ミキとは生麺のこと(乾麺はまた別の呼び方がある)。立ち食い蕎麦屋的な風情があって惹かれ... 続きを読む

その93麺相:フィリピンのバッチョイ。海外で生卵を食べるか否か。

麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回はフィリピンの麺類です。6月のボホール島、中心都市のタグビララン。あまり大きくない町です。ここにある「JJ&dimsum」というレストランでこの地方の名物である麺類を食べました。その93麺相「バッチョイ」です。’’’やばい、生卵がはいってる海外では、生卵はとても危険な食べ物です。衛生管理が日本より徹底していないので、食中毒になる可能性が大きいからです。... 続きを読む

その92麺相:シンガポールの名物麺類「プロウン・ミー」

麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回はシンガポールの名物麺類です。シンガポール人口の7割は華僑(中国系移民)なので、麺類も豊富です。シンガポールにはホーカーという屋台がありそれらが集った場所はホーカーズと呼ばれます。こちらは一般的なホーカーズの様子。ホーカーズでは3ドル(240円)くらいから食事ができて物価の高いシンガポールでは重宝します。今回、シンガポールの名物麺類を食べたのは... 続きを読む

その91麺相:ルアンパバーンで食べるラオスのカオソーイ

麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回はラオス北部の麺類です。タイの北部にはカオソーイという名物麺があります。そして食文化の近いお隣、ラオス北部にも同じカオソーイがあります。しかしこちらは、タイのものとはまた違った麺類となっています。ラオスの北部の中心都市、古都ルアンパバーンここでそのカオソーイは食べられます。何度かカオソーイを食べて一番おいしかったのがこちら、その91麺相「ラオス... 続きを読む

その90麺相:チェンマイで一番おいしかったカオソーイ

麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回はタイとラオスの北部の麺類です。タイにはカオソーイという麺料理があります。これは北部の名産であり、北部の代表都市「チェンマイ」にはカオソーイを食べさせる店がたくさんあります。チェンマイにはソンクラン(水掛け祭り)の時期に長くいたので、カオソーイを色々食べ比べました。そして今回はチェンマイで一番美味しいと思ったカオソーイを皆様にだけこっそりご紹介... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。