ラトヴィアの地方都市をランダムに選んで出かけたら、良い町だった。

長期旅行のバックパッカーは、時間がある(※お金はあまりない)。大まかなルート立てで行動するから気が向いたら好きな場所へ寄れる。ラトヴィアは、ロシアへの中継国として考えていた。ただ、まだ日数的に余裕があったのでリガの他にもう一都市くらい見てみようと思い地図でリガから日帰りできそうな町を、ランダムに選ぶ。そして決めたのが「Cesis ツェーシス」という町。なにがあるかまったく情報はなし。電車の本数が多そうで... 続きを読む

リガの橋を渡る。世界遺産の歴史地区、じゃない方のリガを散歩する。

リガの歴史地区は素晴らしい。世界遺産・リガの歴史地区リガの市場も超楽しい。パッケージツアーや短期旅行だと、歴史地区だけか、余裕があれば市場も訪れることができると思う。(市場はとてもお勧め)私はいま、無期限世界二周目の旅の途中そういったバックパッカーは、時間がある(※お金はない)。リガの観光地区と市場はダウガバ川(daugava river)の東岸にある。鉄道駅もそちら側だ。今回は、橋を越えて街の西側に行ってみた... 続きを読む

世界遺産・ラトヴィアの首都リガの歴史地区

ヨーロッパの都市の歴史地区は現役の都市としてガンガン機能していることが多い。「歴史的に価値があるから、保護しましょう」と、博物館の展示品のように観光地化されたものではないことが多い。美観や歴史を優先しているその土地の住民達の意識の高さだと思う。便利さや機能性を求めたら(あるいは経済的循環を)スクラップ&ビルドが進んでしまう。リガの町も戦禍で何度もダメージを受けたがそのたびに過去と同じような手のこん... 続きを読む

でかい!うまい!愉しい!ラトヴィアの首都リガの市場はツェッペリン級。

ラトビアのリガの観光の目玉といえば個人的には巨大市場だ。リガの旧市街(世界遺産)の雰囲気もとてもよいがヨーロッパ的石畳の町・リガ歴史地区しかしやはりあの巨大市場は外せない。もともと飛行船を製造・格納していた建物を利用しているからその巨大さがわかると思う。しかもあの巨大飛行船「ツェッペリン号」の製造工場でもあったのだからやはりその巨大さがわかるだろう。さっきから巨大巨大とうるさいが、しかし本当に大き... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。