クスコの異国情緒と市場で色の大洪水

旅の大きな楽しみ「食」異国ならではの珍しい食べ物はたくさんある。たとえば今回紹介するクスコの町ではこんなものを食ました。ネズミクイというもので、高山にも生息する貴重なタンパク源です。※クスコは標高3400メートル!旅の大きな目的が食だという人はきっと市場巡りもとても好きだと思います。私も市場巡りは好きで町に市場があると必ずといっていいほど寄ります。このクスコにも、大きな市場がありました。そこは南米... 続きを読む

失意のクスコ。だけど画になる街なのである。

2010年初頭のマチュピチュ大水害私はそのときそこにいた。ただ、私がいたのはマチュピチュではなくそのふもとのクスコだった。南米のハイライトのひとつであるマチュピチュ遺跡を訪れた日は大雨から一夜明けた曇りの日だった。大雨によってクスコのツーリストたちは混乱していた。マチュピチュへの道が途絶えた。橋が流された。土砂で道が埋まった。線路が流された。などなど。真偽の入り混じる情報の一つ一つを検証していき混... 続きを読む

コロニアル・デル・サクラメントの川沿いをレンタルサイクルで行く。

コロニアル様式の街並みが残る世界遺産の町、コロニアル・デル・サクラメントを訪れました。初めての町を訪れるとき私はガイドブックとは別に、ネットで地図をチェックします。そしてガイドブックに載っているよりも少し広い範囲をチェックします。そんなとき地図上で私が探しているのは楕円形をした形の場所。競馬場です世界のいろいろな場所の競馬場を訪れるのも私の旅の楽しみの一つです。そしてコロニアル・デル・サクラメント... 続きを読む

ウルグアイのコロニアル・デル・サクラメント(Colonia del Sacramento)

島国で育った日本人にとって、外国は海を越えた先にあるものです。しかし世界の多くの国では外国は陸続き。簡単に行き来できてしまいます。南米のアルゼンチンも、この国はブラジルやチリなどと接しています。そして首都ブエノスアイレスからは、プラタ河を挟んだ対岸が、もう別の国になります。それがウルグアイです。今回はブエノスアイレスから日帰りで行ったとても雰囲気の良い町ウルグアイのコロニアル・デル・サクラメントの... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。