ダカールであった「久しぶりだなあ!」詐欺師

森です旅は安全第一今回はダカールでよくあるという「俺だよ、懐かしいなあ!」詐欺の様子を。防犯の参考にしてください。私がこの詐欺師に会ったのはダウンタウンのindependence広場この詐欺のやり方は久しぶりだねと声をかけてきて食事をしたり酒を飲んだりして打ち解けて仲良くなります。そしてその後のパターンはいろいろカードゲーム詐欺の現場に連れて行ったり荷物を見ててやると言ってそのカバンや財布を持ち去ったり高額で... 続きを読む

ダカールでスリ未遂

森です旅は安全第一今回はダカールで出会ったスリ未遂の様子です。こんな手があったよと参考までにどうぞ。ダカールの中心部、とくにポンティ通りにはいわゆるhustler(ハスラー)がたくさんいます。ハスラーとは、観光客を見つけては親しげに話しかけ必要のないさまざまなサービス(街の案内とか)をおしつけて、それで金をとろうとする者たちのことです。このハスラーたちは、職をもたず暇なので断ってもしつこく着いてきます。... 続きを読む

ビシュケクのプチ・危険情報。スリと悪徳警官

森です中欧アジアでは悪徳警官の話をよく耳にしますがここビシュケクでも、被害にあった人の話を聴いたので今回はその話と、私が市場でスリ未遂にあった話を参考のために書いておきます。被害にあったのは皆から「金髪の悪魔」と呼ばれていた日本人。仮称金髪のA君です。金髪のA君は街で警官に呼び止められ、パスポートの提示を求められました。*中欧アジアではパスポートの携帯が義務付けられているのでなるべく身につけるよう... 続きを読む

実録。ウランバートルで見たスリの手口

森ですウランバートルにいます。先日、旅の仲間Y君がスリにあいました。(しかも私の目の前で)自慢のiPod Touchをスラれて、Y君はとても意気消沈しています。その手口を紹介します。犯行現場はウランバートルの中心部「ノミンデパート」前の大通り。↑右手のビルがノミンデパート。犯行は露店が出ている場所の前で行われました。画面向かって手前から歩いてきた私とY君。歩きながら私が後ろを振り返った時(←旅の間はこれを習慣... 続きを読む

極インド的なダマしの手口。

森です前回はインドの動画をアップしました。今回もインドの話です。さて旅に出会いは付きものです。インドを旅するバックパッカーたちにも素敵な出会いが訪れます。「旅人をダマそうとするインド人」との出会いです。一度インドで自由旅行をすればあなたも、旅人を騙してお金を巻き上げてやろうという輩と出会えます。彼らに会うのは難しくありません。普通に旅をしていれば確実に会えます。どれぐらいに確実なことかといえば、「... 続きを読む