内戦の遺構・サラエボ近郊のトンネル博物館

内戦が長く続いたボスニア・ヘルツェゴビナ首都サラエボでは激しい戦闘が行われました。両脇を丘に囲まれるサラエボは、その両方の丘に敵軍同士が陣取ってサラエボの街をめぐって激しい攻防を繰り広げていました。サラエボの街の大通りは、人影があると容赦なく銃撃される「スナイパー通り」として恐れられました。そしてそんな戦争の状況をいまに伝える遺構がサラエボ郊外にあります。トラム駅「イリジャ」からタクシーに乗る。着... 続きを読む

サラエボの旧市街に行ってみた

サラエボ観光前回は市場で市場で食事をした様子を書きました。今回は旧市街の様子をお届けします。いまだ内戦の銃弾が残る街、サラエボ。しかし街自体は平穏を取り戻しています。観光客も訪れるようになり古い建物が残る旧市街には、各国からの観光客の姿が見れました。そう人数は多くありませんが観光しにくることが可能になったのは良いことです。サラエボの旧市街は、いまも住人たちの生活が垣間見れる場所というよりは歴史的建... 続きを読む

サラエヴォの市場を覗いてみる。

西ヨーロッパからギリシアまで南下する。バルカン半島の国々を総ざらいしていく予定である。今回は、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都・サラエボを見てみます。悲惨な内戦が長く続いたボスニア・ヘルツェゴビナですがここサラエボはその大激戦地となりました。激しい市街戦が行われたので街のいたるところに、その銃痕が生々しく残っています。しかし現地の人たちは、内戦終結のあとかけがいのない日常を、平穏に送ろうとしています... 続きを読む