その69麺相:ウランバートルのゴアンズでツォイワン。

1に麺類2に麺類3、4がなくて、100麺相麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相今回の麺類はモンゴルの麵類ですモンゴルの麺類は、中国由来のものが多い。そしてモンゴルで肉といえば羊である。だから麵類に使われる肉もだいたい羊である。だから麺類はもれなく羊の味がする。モンゴルの大衆食堂は「ゴアンズ」と呼ばれます。モンゴル定食などが安く食べられる場所です。定番は、ワンプレートに盛られた肉・野... 続きを読む

その68麺相:台湾麺類食べ歩き最終回。鮮魚意麺、タウナギの麺類。

サイドカーに麺類麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー台湾の麺類食べ歩きも最終回最後は師大夜市の近く、大きく麺をアピールしていた店です。入店しました。どローカルです。観光客は一人もいません。これが注文票です。表看板ででっかくアピールしていた、「鮮魚意麺」(小)を注文してみました。95元(約280円)意外と高いですね運ばれてきました。その68麺相「鮮魚意麺」炒めた麺に、あんかけがかかって... 続きを読む

その67麺相:台北で名子麺・カップの方がインパクトあり。

世界を放浪しながら麺類を食べる世界百麵相のコーナー台北の街角食堂で麺類を頼みました。看板に書かれていた「名子麺」を持ち帰りで注文。さくさく作り始めます。完成しました。その67麺相「名子麺」40元(約120円)う~ん、これはあまりおいしくなかった。汁ナシの辛味噌系で、具は酸っぱいキャベツ、ひき肉、しょうが、豆腐です。その全てが脱力しきって、だらしない味です。唯一、カップに書かれた「夏休み」の文字に強... 続きを読む

その66麺相:台北・故宮博物館近くの紙カップ麺線が、予想以上においしかった。

メ・メ・メ・麺類!チェキラ麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回も台湾の麺類です台北の麺類はスナック感覚故宮博物館へ行く途中、MRT駅前の軽食屋一度麺線を食べてみたかったので入店しました。麺線(小)を注文。40元(約120円)その場でおばちゃん、さくっと盛り付けその66麺相「麺線」あまり期待していなかったこれが予想外においしかった。とろみのあるスープにはカツオ出汁がかなり効いていま... 続きを読む

その65麺相:台湾の「瑞芳(ルーファン)」のローカル美食街で食べた牛肉麺

麺類を求めて世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回は台湾の地方都市の市場で食べた麺類です。台北を離れて九分という町へ行く途中、「瑞芳(ルーファン)」という町ルーファンの市場へ行きました。その名も「美食街」!いきなりのお出迎えはカエルくん。強烈ですね。地方の小都市であり、こじんまりとしたマーケットです。食事をする人でにぎわっていました。着席メニューを見てさっそく麺を頼みます。ここでは台湾名物の麺を頼... 続きを読む