その89麺相:ハーブとご一緒に。ラオスのバンビエンで「ミー・ヘーン」

麺の中にいれても痛くないほどかわいい子供麺類を食べながら世界を放浪する「世界百麺相」のコーナーラオスやタイでは、屋台や食堂が麺類のところ飯類のところと分かれていることが多い。麺類を食べたい人は、軒先にどんぶりが重ねられている屋台や食堂に入ろう。どの店も基本的にガラス戸などなく、よく言えばオープンエアー、悪く言えば吹きさらしで営業している。ラオス北部の小さな町、ヴァンヴィエン。メコン川沿いに連なるの... 続きを読む

その88麺相:ラオスの屋台ヌードル「カオ・ピャック・セン」

理想のタイプはメンコイ女の子麺類を食べながら世界を放浪する世界百面相のコーナー今回はラオスの麺類。ラオスは麺大国中国の隣国だ。よって麺類も豊富。首都のヴィエンチャン。首都なのに最大の見所がメコン川に沈む夕日というけっこう地味な町。夕暮れ時、屋台が姿を見せはじめる。その中に麺を置いている店を発見。大き鍋でスープと麺を煮込んでいる。ぐつぐつ。店は母親と子供たちでキリモリされている。ラオスは女性がよく働... 続きを読む

その87麺相:東アジアのフィッツロイ?ラーメン二郎の盛りはすごい。

「あなたってメンクイでしょう」「はい」麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー今回は日本の麺類です。アメリカ横断を終えた次の国はアジア。日本に入りました。日本はアジアの経済大国。いちいち物価が高いです。けれど日本はアジアの麺大国。いちいち麺類がうまいです。蕎麦、うどん、ほうとう、ラーメン、そーめん、等等。数え上げたらきりがない、まさに日本は麺パラダイスなのです。その中で今回紹介するのはラ... 続きを読む

その86麺相:ポロンナルワの食堂裏メニュー・スープヌードル、レシピ付き。

「僕の麺類になってください」麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー前回のスリランカの「kottu(コッツ)」は最初は麺類であるかのような顔をしていたがそのうち麺類ではなくなるという珍しい食べ物でした。スリランカで再び麺類を探します。スリランカではフライドヌードルはよく見ますがスープ系のヌードルは見ません。その日も食堂で、メニュ―にはスープヌードルはなし。ダメもとでスープヌードルはあるかと訊い... 続きを読む

その86麺相?:麺類と思って注文したら、だんだんと姿を変えたその先には・・・

南無妙法麺華経!麺類を食べながら世界を放浪する世界百麺相のコーナー夕暮れ時、スリランカの町角。コツコツコツコツと、リズムに乗った金属音が響く。これは「Kottu(コッツ)」を作る音だ。音の出所をみると店先に麺類らしきものがあった。細く平たいものが、ショーケースのなかで山になっている。これの名前は「コッツ」。やったー、新種の麺類や!と小躍りしてそれを注文しました。その86麺相、「Kottu(コッツ)」です。い... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。