アルバニアの首都・ティラナの夜明け前から日暮れまで。

森ですギリシアのカランバカにいます。ブログがリアルタイムの旅行から一ヶ月半も隔たっています。すでにバルカン半島の南にいるのにブログではまだロシアです。「世界直送」略してセカチョクの名に恥じるこの現状。そこで今回は最近の旅の様子アルバニアの首都・ティラナの一日をお届けします。思うに、一回の記事が長すぎるから更新が追い付かなくなるのです。なるべく短く・端的に更新しなくちゃな。さてアルバニアへは、東の隣... 続きを読む

アルバニアのギロカスタル。山に囲まれた世界遺産,石造りの町。

西ヨーロッパからバルカン半島をくだりギリシアまで。いよいよギリシアのひとつ手前、アルバニアまでやってきました。バルカン半島諸国は、狭い地域に国がたくさんあり一か国ずつ詳しく下調べをすることができなかった。そういうときは、途中で会った旅人の意見を採用することにする。それで出てきた名前が「ギロカスタル」だ。もう、名前からして、興味をそそる。山の斜面に石造りの古い住宅が建っていてネットで調べても、風情が... 続きを読む

ティラナのアルバニア国立美術館

旅先の美術館は、私の楽しみの一つ。アートをみれば、その国の美意識やあるいは政治的or思想的経緯がみてとれることもあります。西ヨーロッパから東欧の旧ソ連圏を南下していきながら美術館にも立ち寄ってきましたが、旧ソ連圏の時代の芸術は、統制もあってかやはり労働や質素さ、堅牢さを前面にだした(出さざるをえなかった)暗いタッチの者が多かった。しかし旧ソが解体してからもその暗く抑えなタッチはあまり変わらない国が多... 続きを読む