秋のヨーロッパ・ルクセンブルク大公国公園紅葉廃墟。

前回は霧中のルクセンブルク市霧が晴れると秋の真っ只中のヨーロッパの町が現れた。個人的にヨーロッパの町が映えるのは秋から冬にかけてだと、そう思っています。いつものセカチョク、通常運転。観光スポットの画像ではなく、ルクセンブルクの日常の風景画像です。まずはルクセンブルク市。町の中に大きな亀裂が入っている、ユニークな町。旧市街と、この断崖の底の地区が観光スポット。そこ以外の地区を散策してみます。朝からの... 続きを読む

ヨーロッパの秋。霧も薫る、ルクセンブルク大公国。

混乱の南アジア旅行記は中断。溜まっている写真の中から過去の旅行記・ヨーロッパの秋をお届けします。ヨーロッパの秋は、物語の中にいるような、そんな秋。ロンドンに沈没生活をしているときLCCを使って小国巡りをしていました。ロンドンからブリュッセルに飛びそこから電車でルクセンブルク大公国へ。まだ朝早い時間に新しい国へ到着。いつもこの瞬間は、胸が高鳴ります。知らない国の、知らない町の始まり。いったいどういう町... 続きを読む