聖地のクリスマス・・・・、そして南米へ

森です人生初の海外クリスマスはキリスト教の聖地、santiago de compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)で過ごしました。そして今日、南米に飛びます。サンティアゴ・デ・コンポステーラも美しい町で実に絵になります。少し紹介します。思ったよりたくさん紹介してしまった。絵になる町です。そして次からはいよいよ南米。個人的には今回の旅の山場だと思ってます。私にとって南米は、未知数度的にアフリカ並み。かなりび... 続きを読む

ラテンの色賑わい。スペイン・マドリッドのクリスマスマーケット。

ヨーロッパを北から南へ下ると町の雰囲気がだいぶ変わってくるのに気が付く。国境線を境に雰囲気ががらっと変わることはあまりない。↓特異な例はこれですが↓隣り合った国同士は、だいたい文化も共有していてだから地方によって少しずつ変化が重なっていくという感じだ。いわゆる西ヨーロッパで変化の大きな要因は民族と気候だろう。ざっくりした例をだすとゲルマン民族のドイツやオランダ、北部ベルギーなどは建築などの町の様子が... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。