EOS60Dの連射性能とAF性能。With tamron17-50m(A16)&EF50mm F1.8 II。

森ですペンタックスのKー5が、センサーのステイン問題でボディ交換となりました。新しいボディがくるまで、キャノン「EOS60D」の使い心地を試してみます。はたしてK-5との性能差は、どういうところで感じるでしょうか。撮影のモデルとして今回は外タレにお越しいただきました。たら~ん♪ボストン・テリアの「レイン」くん。オス。1.8歳くらい。人懐こく、そしてほかの犬をみつけると猛然と遊びかかっていく。そんな... 続きを読む

ペンタックス K-5 センサーステイン問題。2月16日の状況。

森です ふだんは人からよく 「森さんって、怒ることあるの?」 と訊かれるほど 菩薩的資質を垂れ流している私だ。 怒ることはあまりない。 でも腹がたつことはある。 そしてあまりにも腹にすえかねた時は怒る。 そのときの怒り方は容赦ないから、そのつもりでな。 さて今回はカメラの話です。デジタル一眼レフカメラです。 ペンタックス K-5のセンサーに付着するステイン問題について書きます。 これからK-5を購入予定の方... 続きを読む

Paul Delvaux(ポール・デルヴォー)さんとシュルレアリスムについて

森です 前回は「ゴッホ」のなんたるかを説明しようとして (そしてまったく説明しないまま)終わってしまった。 そんな折だ。 金曜日(祝)に私は県道31号線を鳥栖へと向かっていた。 だけどいつもより車が多くてなかなか進んでくれない。 いったい何ごと? といぶかしんでいたら、それは大宰府のゴッホ展へ向かう人たちの群れだった。 ゴッホの魅力のすごさを予期せぬ形で思い知らされた。 もうゴッホはいい。 今回こそ、ポール... 続きを読む

福岡にゴッホが来ておる。

森です 福岡でいま「ゴッホ展」が開催中です 私の周りにも観に行った人がたくさんおります。 「おまえふだん絵なんか興味ナッシングやろ!」とつっこんでも、 「ゴッホは好き!」と答える友人も多い。 いつもは絵など見ない老若男女に、 大宰府の山奥まで足を運ばせておる。 とにかく「ゴッホ」のチャームはものすごいようです。いったい彼の画家のなにが、それほど魅力的なのでしょうか。 ゴッホ、ゴッホ、ゴッホ、ゴッホ、、、、... 続きを読む

良い国と悪い国

森です 毎日とても寒いけれども、日々平和です。 しかし世界は毎日激動しているようで。 とくにチュニジアの「ジャスミン革命」に端を発した、 北アフリカ、中東での反政府行動がヒートアップしています。 その中でもエジプトの反政府運動は頂点に達してますね。 ムバラク大統領の退陣は避けられないはず。 財産や利権、身の安全などの確保工作が終われば 大統領も舞台を降りると思われます。 エジプトもチュニジアも この前の旅で... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。