FC2ブログ

コソヴォ共和国首都・プリシュティナの賑わい

コソヴォ共和国の存在は国際的に不安定だ国連加盟国のうち、6割くらいが認めていて残りの4割は認めていない。隣国のセルビアは、コソヴォ共和国そのものを自国の領土として認識している。だから、コソヴォに入国したあとセルビアに入るとセルビア入国スタンプなしに、勝手にセルビアの領土に入国したとして、問題になる。それで私の場合はマケドニア共和国の首都スコピエからコソヴォ入りすることにした。スコピエからコソヴォへ... 続きを読む

クロアチアの首都・ザグレブを歩いてみる

クロアチアは、バルカン半島一の観光国となりつつある。そんな国の首都ザグレブは、いったいどんな街なのか。新市街・旧市街を歩いてみます。ザグレブは古い街並みの中を最新型のトラムが走る。新旧がバランスよく採用されている街だ。広場には市がたっていた。旅行者は新市街に宿をとり、旧市街へ歩いて散策にでるのが、便利だと思う。旧市街は、坂の上の高台に拡がっている。近代的なビルがなくなる。中世へ足を滑らせてしまった... 続きを読む

世界一壮麗な温泉・ブダペストのセーチェーニ温泉

温泉大国日本その質も数も世界一だと、私はそう断言できる。しかしハンガリーのブダペストに、ヨーロッパらしく壮麗な温泉があったので、紹介しておきます。ブダペストにはいくつか温泉があるがその中でも意匠的にもっとも壮麗なものが「セーチェーニ温泉」です。建物は百年前の、バロック・リヴァイヴァル式のもの。そう言われても、あまり想像が湧かないかもしれませんがこの建物がとにかく豪奢。これです宮殿か?と叫びたくなる... 続きを読む

ウィーンのクリスマスマーケットに遭遇

冬になると、ヨーロッパ各地でクリスマスマーケットの市が立ちます。今回はクリスマスの本場(なんか変な言い方)ヨーロッパのオーストリア、ウィーンのクリスマスマーケットの様子です。まずウィーン市街芸術の街だけあって、建築の意匠がどれも瀟洒です。こちらはウィーン旧市街のケルトナー通りこの通りのも、クリスマス前のあの浮かれている賑わいがあった。こういった本場のものを見てしまうと銀座が貧相に思えてしまう。美術... 続きを読む

霧のヴェネツィアに惑う

イタリアのヴェネツィアいつ行っても、その美しさには心が躍ります。今回の訪問では霧も出てさらに幻想的な散策となりました。こういうときは目的を決めずに、迷路のような街を気ままに歩くのが一番です。ではあなたも一緒に霧のヴェネツィアで惑ってみてください。これほど濃い霧に包まれたヴェネツィアは初めてだ。まるで夢の続きの景色みたいな、朧げな街と運河が続く。霧が音を吸うのか、街中はひっそりとしている。建物まで、... 続きを読む