FC2ブログ

内戦の遺構・サラエボ近郊のトンネル博物館

内戦が長く続いたボスニア・ヘルツェゴビナ首都サラエボでは激しい戦闘が行われました。両脇を丘に囲まれるサラエボは、その両方の丘に敵軍同士が陣取ってサラエボの街をめぐって激しい攻防を繰り広げていました。サラエボの街の大通りは、人影があると容赦なく銃撃される「スナイパー通り」として恐れられました。そしてそんな戦争の状況をいまに伝える遺構がサラエボ郊外にあります。トラム駅「イリジャ」からタクシーに乗る。着... 続きを読む