ピストイア=フィレンツェから電車に乗って気ままに降りたらこんな町。

前回のロシア地方都市に続いて今回もヨーロッパイタリアの小さな町です。フィレンツェの近くにPISTOIA(ピストイア)という町があるのをご存知でしょうか。知らない?そうでしょう。私も知りませんでした。フィレンツェは美しい街でした。そして観光地を周っているとときどき、その国の素の部分を観たくなります。観光地じゃない、平凡な町を歩いてみたくなる。それで私は、ピストイアに向かいました。厳密にいえばこの町に「向か... 続きを読む

西方ロシアの古都・黄金の環(ゴールデンサークル)都市ウラディミール

桂林旅行の話を中断して今回はロシアの話を。モスクワの北東に弧を描くように点在する「黄金の環」と呼ばれる古都群はモスクワ、ペテルブルグの二大都市に次ぐ観光オプションとされています。この「黄金の環」のうち、ウラジミールとスーズダリ行ってきました。今回はウラジミールの様子をお届けします。ウラジミール町は高台にあり、バスターミナルからは坂を上ります。坂の上からの景色がこちら町の周囲は森ばかり。ロシアの広大... 続きを読む

興坪から漁村へのトレッキングは道半ばで無念のタイムアップ。冒険の書を記すので、誰かこの先を引き継いでくれ!

漓江下りのハイライト地区にある興坪村。その近郊に漁村という小さな古い村がある。山がちな地形なので、漁村を訪ねるには、漓江から筏ボートに乗るのが一般的だ。しかし、トレッキングでも行けそうな距離だったのでホステルのスタッフに訪ねてみたら中国人がトレッキングで訪れたネット記事をスマホで紹介してくれた。(ちなみに、宿はHi grey hostelです。よい宿でした)けっこうな山道で、しかも中国語だったので要領がつかめず... 続きを読む
 中国  0  0

興坪村から漓江を楽しむ。突っ込みどころ満載のローカル遊覧船でもがく編。

興坪村から漓江の風景を楽しむにはいくつか方法があります。↓詳細はこちら↓興坪村から漓江を愉しむ四つの方法。今回は興坪村の船着き場から乗った漁村方面へ観光船の様子を紹介します。見た目は平凡な観光船ですが、そこは中国やっぱり色々突っ込みどころが多い船旅となりました。チケットは村にある船着き場で購入。看板によれば興坪村から僧尼相会→美女照鏡→興坪佳境→五指山→漁村と南下して戻ってきて、所要は90分とのこと。料... 続きを読む
 中国  0  0

興坪村での漓江の楽しみ方。漓江沿いの遊歩道を歩く編。

漓江の川下りのハイライト地域にある村興坪村この村から楊提まで川沿いの遊歩道があります。そこをハイキングすれば漓江のハイライト区間を歩いて眺めることができます。遊歩道はよく整備されていて歩きやすく迷うことはないと思います。今回、興坪から漓江沿いにある九馬面という有名な景観スポットまで往復3時間ほど歩いてきたのでその様子を書いときます。トレッキングコースは興坪村から揚提まであります。楊提までは、だいた... 続きを読む
 中国  0  0