上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

フィレンツェからの更新です

二日前に、ナポリ近郊にある古代遺跡
ポンペイに行ってきました。
私は、ポンペイのことを知ってから
一度はポンペイに行ってみたいと思っていたので
今回それが叶いました。

ポンペイは1900年前、ヴェスヴィオ火山の噴火により町が埋まり、
そのあと千年以上火山灰の下で眠っていた遺跡です。

土の下にあったので町の保存状態はとてもよく、
ふつうは失われるはずのものがたくさん残っている。
町の骨格、壺や亀、タイル画や壁画などはその色までも当時のままに残っている。
当時の生活を肌で感じられる、最高の遺跡なのである。

さあ宿をでて、ポンペイへ出発。
P1090559_800.jpg

遺跡へはナポリからヴェスヴィオ周遊鉄道で行く。所要時間は40分ぐらいだ。
P1090569_800.jpg
ナポリ近郊の駅って、どこもこんな感じで落書きだらけである。
電車の車体も、落書きでいっぱいだ。もう塗りなおすこともしないみたいである。

ポンペイに到着。
さすがにポンペイには、落書きはない。

ポンペイはかなり広い遺跡なので、最短でも3時間はかかりそうだ。
ポンペイに行くなら、一日はみておいた方がいいと思います。
IMG_5122_800.jpg
あれがヴェスヴィオス火山。あの山の噴火が、この町を埋めた。

さて散策開始、ポンペイはどんな町だっただろう。
IMG_5172_800.jpg

IMG_4772_800.jpg
碁盤目状に区画が整備されている。
そして道の両脇に、家がひしめいている。
今の町となんら変わりがない。
IMG_4760_800.jpg
ここらへんは庶民的な場所。小さな家が並ぶ。

IMG_4796_800.jpg

石畳も、レンガも、1900年前のまま残っている。
ポンペイがすごいのは、当時の内装もよく残っていることだ。
とくに床のタイルは、当時の人々がいかにオシャレな暮らしをしていたか
それがよくわかる。
IMG_4978_800.jpg

IMG_4981_800.jpg

ポンペイの人々は生を楽しんでいた。
お酒も好きで、バーもあった。
IMG_4993_800.jpg

IMG_5056_800.jpg
コロシアムでは、いろいろな競技を楽しんだ。

そんなポンペイの人たちの生活の上へ、
ヴェスヴィオス火山の噴火が降りそそいだのである。
人々は噴煙や灰に呑まれて死んでいった。
火山灰は冷えて固まり、やがて埋めれられた人たちは朽ちて
彼らの型だけが残った。

火山灰のなかに点在した空洞に石灰を流し込みできたのが、これらの模型である。
IMG_4728_800.jpg
ポンペイの人々の、死の瞬間がそのまま再現されている。
IMG_4730_800.jpg
ポンペイでは決して出会うことがない古代の人々とその生活の姿を
垣間見ることができるのである。
やはりこの遺跡は来てよかった。
満足した。


さて日も暮れて、ナポリへと戻る。
ヴェスヴィオ周遊鉄道に乗ったが、
ナポリ郊外の町を見ようと、どこか途中で降りてみることにした。

とりあえず人がたくさん降りたところで途中下車。
P1090578_800.jpg
駅も落書きだらけである。

海から始まる斜面にできた町で、
どこも細い道が入り組んでいる。
ナポリの都心部もかなり庶民的だが、
それよりもさらに下町な雰囲気がある。
P1090579_800.jpg

P1090601_800.jpg

もう仕事が終わっただろうか、みんなくつろいでいる様子だ。
カフェや教会の前の広場に集まって、何をするでもなく話をしている。
そうしてるのが楽しいのか、
遊ぶお金がないからそうしてるのか。
その両方か。
P1090596_800.jpg

P1090597_800.jpg

パスタを食べたくなったので、
リストランテかオステリア、トラットリアを探すが、
どうしても見つからない。

肉屋やカフェ、チーズや、ピッツェリアはたくさんあるんだが。
ここらの人はあまり外食しないのだろうか。

仕方なくピッツェリアに入った。
壁に描かれたメニューからカプリチョーザを注文する。
P1090605_800.jpg

P1090606_800.jpg
ナポリのピッツァはでかい。
そしてこれ3・5ユーロ(530円)!
安さにびっくりした。

この地域、今まで旅してきた西ヨーロッパの中で、一番安い。
ドイツよりも安い。
ここのマルガリータは2.5ユーロである。
ナポリの都心部で食べたマルゲリータが6.5ユーロだから、
半値である。

やはり有名観光地や大都市ばかり旅をしてると、
本当の物価はわからないのかもしれない。

味はスペシャルじゃないが、十分おいしい。
それにこの値段。満足度は高い。
幸せな気分でナポリに戻りました。
だいぶ遅くなってきたので、そろそろ戻ります。
ごちそうさまでした。
P1090607_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

URL | 初心者の投資 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。