FC2ブログ
森です

激走!30日間ヨーロッパバスの旅
いよいよ最終国、アイルランドにやってきました
ダブリン
からの更新です

大都市ばかり周ってると飽きてくるので
ここのところ大都市の、その近郊にある名もしれぬ
町に立ち寄るのを楽しみにしています。

大都市は刺激があって楽しいですが
ときに人が多くて疲れる。
だいたい物価が高い。
庶民の暮らしがあまり見えてこない、
という難点もあります。

だから1つの場所で二日間いるときは、日を大都市に、
もう1日を近郊の町にと
最近はそんな感じで旅配分をしてます

そして今回も、アイルランドの首都ダブリンの、その近郊の町、
南西へ50キロほど行った
「キルデア(Kildare)」
という町に行ってみました。

この町を選んだ理由はひとつ
「Irish National Stud アイリッシュ・ナショナル・スタッド」
があるからです。
「Stud」とは競走馬を生産する場所のことです
このキルデアのStudは世界的に有名なところで
ここで生産された馬が、世界各地の競馬場で活躍しています。

キルデアまではダブリンからバスで行きましたが(またバス)
途中乗車・下車が多く、1時間半かかりました。
電車は30分で行くので、そちらの方がお勧めです。

今回はキルデアの町と、スタッドの様子をお送りします。
これがキルデアのメインストリート。
IMG_6865_800.jpg
IMG_6879_800.jpg
想像した以上に小さな町です

お腹がすいたのでパブに入ります。
アイルランドに来たからには、ギネスビールを注文せずにどうする。
ギネスのハーフパイントを注文(これで350円ほど。イギリスより高い)
IMG_6885_800.jpg
同じギネスビールですが、
日本で飲むものと明らかに違う。
泡のクリーミーさもさることながら
もう味自体が違う
なぜだろうか、日本で感じるスタウトの強さをあまり感じない。
ほのかな甘みすらある。そして優しい苦味
かなり飲みやすく、うまい。

旅の途中で出会ったイギリス人が、
「アイルランドで飲むギネスは、イギリスで飲むのより
断然スペシャルだぜ」

と言ってたが、納得である。

食事は名物「アイリッシュシチュー」にする。
IMG_6889_800.jpg
アイルランド版の肉じゃがである。
アイリッシュシチューはだいたい羊肉だけど、これは牛のやつだ。
じゃがいも、肉、ニンジン。
砂糖と玉ねぎは入ってないようだ。
甘みはない。
とろとろになるまで煮てある肉と肉汁。おいしいです。
これで7.5ユーロ(1000円ちょっと)

アイルランドは、想像以上に物価が高い。
イギリス以上だ。
ダブリンはもっと高い。一食10ユーロはする。
節約旅行者は、自炊かテイクアウトで済ますしか道はない。


スタッドへは、町の中心から歩いて30分弱だ。
シャトルバスも出ている。
一時間に一本くらい。
町の中心にあるインフォメーションンで詳しい情報が得られます。
IMG_6892_800.jpg

IMG_6894_800.jpg

IMG_6906_800.jpg
お、看板発見。
「japaneas garden」とある。
このスタッドには、日本庭園が併設されてるようだ。なぜだ?

スタッドと日本庭園の入場券は共通だから、
ちょっと覗いてみよう。
IMG_6914_800.jpg
うーん、やはり日本の庭園とはすこし違う気がする。
石がでたらめに置かれているような・・・

日本庭園を去り、種牡馬房へ行く。
IMG_7002_800.jpg
ここでは年間150回くらいの種付けをするとのことだ。
種付け自慢。
かなり得意げな顔である。
IMG_6952_800.jpg

この時期は生産の谷間で、1年でもっとも地味な時期らしい。
スタッドを奥に進むと、仔馬が放牧されていた。
仔馬同士でちょっかい出しあって遊んでる。
人間の子供と変わりない。
IMG_7092_800.jpg

競馬ミュージアムに寄ってから、今度はアイルランド庭園へ行く。
こちらは(?)とても美しい庭園だ。

湧きだす清らかな水。深い緑。
IMG_7037_800.jpg

IMG_7028_800.jpg

IMG_7058_800.jpg

IMG_7064_800.jpg
この少し湿り気のある美しさは
日本人の感性に合うと思う。


このあと馬具の製造工程や
室内運動場などを見学した
IMG_6978_800.jpg
「Irish National Stud アイリッシュ・ナショナル・スタッド」は
思ったよりも規模が小さく、設備も地味だった。
それでも毎年質の高い馬を生産しているのだから
やはり重要なのは人の力ということだろうか。

そしてキルデアの町へ戻る。
全体的にグレーの色遣いに、
アクセントとして青や緑がはいる建物がキュート。
IMG_7140_800.jpg
通りを行く人たちも、地味である。
素朴と言ったほうがいいかな。
そして太ってる人をとてもたくさん見かける。
見る限り、成人の肥満率は明らかに過半数を超えている。
みんな成人病は大丈夫なのか?平均寿命が低そうだぞ。
などと余計な心配をしながら、ダブリンへ戻った。

のんびりとした一日でした。
では。
IMG_7128_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)