上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

大晦日です。チリのビーニャ・デル・マルにいます。

ここのビーチで大規模なニューイヤーパーティーが開かれるので
新年はそこで迎えます。

南半球のチリは真夏ですが、思っていたより暑くない。
半袖で涼しく感じるくらいです。
陽は長い。今は午後7時ですが、まだ昼間みたいに明るいです。
午後9時ころからやっと夕暮れになる感じですね。

このあとビーチに出て
年越し蕎麦の代りにバーベキューで大量の肉を食べて、
除夜の鐘の代わりに大花火の音を聴く。
おごそかとか、
厳粛とか、
そんな日本の年越しではない、、
真夏の陽気な年越しを体験してきます。

ニューイヤーカウントダウンが始まる前に、
先日行ってきたチュニジア南部の模様を
お届けします。

チュニジア南部の、サハラ砂漠へ行くには、
オアシス都市トズールへアクセスします。
砂のレンガで造られた古い町です。
IMG_9279_800.jpg
ここはトズールのメディナ地区である。
この地方特有のレンガ造りが見られる地域である。
砂色の迷路のような路地を行くのである。
IMG_9286_800.jpg

IMG_9297_800.jpg

IMG_9275_800.jpg

IMG_9296_800.jpg
異世界である。

トズールからは、サハラ砂漠間近のドゥーズという町へ。
この町の外れまでいけば、砂漠が始まります。
砂で造られたオアシス都市。
ここまでくるとまさに、砂漠の町という雰囲気になってくる。
時折吹く風にも、砂粒が混じっている。
人々も姿は、砂漠とともに暮らす人のそれである。
IMG_9371_800.jpg

ミッキーマウスも、砂漠的なのである。
IMG_9374_800.jpg

裏道では子供たちが騒いでいる。
私に気がついた女の子が、なぜか泣き真似を始めた。なぜだ。
泣いたふりをしながら、こちらをうかがう。ちらり。
IMG_9354_640.jpg
「泣いてないだろ」
と試しに(英語で)言ってみた。
IMG_9355_640.jpg
「バレた?」
とウソ泣き止め。なんなんだ、いったい。
このあと子供たちは、カメラに興味をもって手を伸ばしてくる。
そこに母親登場。
子供たちをおもいっきりぶん殴っていた。
今度は本当に泣いた。
なんだ、いったい。

町でツアーを組んでサハラ砂漠へ出る。
一泊二日のツアーである。
参加者オレ一人。
出発時は砂嵐のような天候であった。
P1110628_800.jpg
強烈!極小の砂粒に叩かれる。目も開けられない。
P1110618_800.jpg
たまらずラクダの影に避難する。
P1110668_800.jpg
これほど細かい砂は見たことがない。
P1110744_800.jpg
砂は風で容易に吹かれ飛んでいく。

この細かい砂粒。気の遠くなるような数の砂で、この土地が成されている。
ここも明らかな別世界。
そして砂漠に陽は沈む。
IMG_9453_800.jpg
すべての砂粒が口をつぐむと、砂漠の静寂が生まれる。
ときどき風が吹いて、砂が呼吸をする。

砂漠のなかで一泊して、翌日砂漠を戻る。
IMG_9503_800.jpg
昨日とはうってかわって穏やかな砂漠。
砂漠はいろんな表情をもつが、砂漠に感情はない。
人間がそう感じるだけである。
砂漠は優しくもなく冷たくもない。

突き放されたような感覚である。
こんな過酷な環境のなかで生きてきた砂漠の住民は、
みんな物静かで、旅人に優しい。

そんなサハラ砂漠の景色でした。
ではみなさま、よいお年を。
IMG_9515_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト
 チリ  1  0

コメント

あけましておめでとう!

元気そうで何よりです。
2010年も旅を思いっきり楽しんでください。
くれぐれも気をつけて!!

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。