世界の競馬場

今回は、Hipódromo Argentino de Palermo
アルゼンチンのアルヘンティノ競馬場です

ブエノスアイレスにあるこの競馬場、
行き方は簡単です。

ブエノスアイレスの中央駅・RETIRO(レティーロ)から鉄道で一つ目の駅である、
3 DE FEBRERO (トレス・デ・フェブレ)で下車。
出口をでてすぐのところにあります。
P1120794_800.jpg

P1120737_800.jpg

P1120739_640.jpg

P1120787_800.jpg

IMG_3325_800.jpg
入り口には予想屋さんがいる。

競馬場内はドレスコードのある有料の建物と、
服装自由の無料の一般席があります。

私はドレスコードにひっかかり、無料の一般席で観戦となりました。
IMG_3337_800.jpg

IMG_3326_800.jpg
この競馬場はダートコースのみで、直線は長く1100メートルある。
そしてこの馬場がとても固い
アスファルトを走ってるかのような音がする。
芝系の体型の馬も上位に入ってくる、そんな競馬場です。
砂が固いのであまりえぐれない。蹄の跡がはっきりと残るくらいである。
P1120768_800.jpg

ブエノスアイレスから一駅目にあるこの競馬場だが、
雰囲気はとてもゆったりしている。
馬の向こうに、コトコトと電車が走っている。
IMG_3331_800.jpg

平日だったせいか、客は少なめ。大半はおじいちゃんである。
IMG_3362_800.jpg

着順掲示板は手動。味があってよい。
IMG_3336_800.jpg

一着賞金は最高額でも100万円いかない。ノリは地方競馬のような感じです。
IMG_3343_800.jpg

P1120779_800.jpg

P1120760_800.jpg
パドック。

建物の中の客席は、クーラーが効いていて快適だ。
アルコール類が飲めないのが意外だった。
みんなコーラや7UPを飲みながら予想してる。健全である。
P1120753_800.jpg

さて勝負ですが、
3レースやって1勝2敗
6ペソ(150円)の負けです。
アメリカ系の血統が強かったです。

さて
チリ・アルゼンチンと旅して感じたことですが、
南米はもっと熱く激しい国かと思いきや、
意外にみんな行儀がいいです。
騒いだり、怒鳴ったりはあまりしない。
陽気ですが、ハメを外すような光景はまだ見ていない。
ヨーロッパの陽気さは、ハメを外す感じであった。

人は本当に暖かいです。
しみじみと、素朴で穏やかな暖かさです。
来る前は緊張していた南米ですが、
毎日好きになってきています。
これからも楽しだ。
今回はこれで。
P1120767_800.jpg

ブログ村に参加しました。
よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)