上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です。
パラグアイのイグアスにいます。

今回は世界三大瀑布のひとつ、イグアスの滝に挑んできたので、
その様子をお届けします。

イグアスの滝は、ブラジル側とアルゼンチン側があります。

南米旅行者に気になるのはブラジルビザの有無ですが、
アルゼンチン側から、イグアスの滝を日帰りで観て戻ってくれば、
私の場合ブラジルビザなしでもセーフでした。

アルゼンチン側の拠点は、プエルト・イグアスです。
バスターミナルからイグアスの滝がある国立公園へ行く。
滝行きバス(5ペソ)に乗り約30分。
入場ゲートの前で下車。ここではまだ滝の音もなにも聴こえない。
この静けさが不気味だ。
緊張を途切れさせずに、チケット売り場へ。

チケットは値上がりしている。
「外国人一人85ペソ(2100円)!?」
国立公園入園料は60ペソって聞いてたのに。
数日前に値上がりしたそうだ。
入場料に便乗して、ツアー料金もあがっている。
これもだいたい3割増しくらいだ。
世知辛い世の中ですよ。

ともあれ、いよいよイグアスの滝のもとへ向かう。
パンフレットによるとどうやらイグアスの滝は
複数の滝のチームであるらしい。
そしてそのなかのボスが、
Garganta del Diablo、悪魔の喉笛である。
このDiablo(悪魔)が、手下の無数の滝を従えて
国立公園の最奥部で挑戦者を待ちかまえている。

「悪魔の喉笛」へは、ジャングルを通って行く。
IMG_4299_800.jpg

そこここに太い川が流れている。
IMG_4024_800.jpg

あたりにはたくさんの蝶が舞っている。
蝶は人懐こく、体のあちこちに留まってくる。
IMG_4022_800.jpg

IMG_4026_800.jpg
川はどんどん大きくなっていき
あたり一面に滔々と水がたたえられる。

そしてその川が突然、切り裂かれる。
そこかまさしく、悪魔の喉笛である。
IMG_4033_800.jpg

IMG_4036_800.jpg

加速する水の速度だけで、その滝のとんでもない規模が予感できる。
そしていよいよ、イグアスの滝とご対面。

IMG_4163_800.jpg
でたっ!
ものすごい迫力である。

圧倒的な質量だ。
轟音とスピード。
目の前に生まれる莫大なエネルギーに圧倒されます。
IMG_4065_800.jpg

IMG_4110_800.jpg

IMG_4047_800.jpg

いつまで見ても絶えることがないエネルギー。
圧巻である。
IMG_4096_800.jpg
このエネルギーになんの目的もないのが、またす感慨深い。
人間の理性の範囲外の存在である。

悪魔の喉笛のエネルギーに存分にあてられた。

そういえばディアボロの近くまで行くツアーがあったので、
申し込んでみる。
「ディアボロのとこまで行ける?」地図を指して、係りの男に訊いていみた。
「あんた死ぬぜ」男は笑いながら答える。
「やってみないとわからないだろ」私は答えると男はまた笑った。
「まあ、今回行けるのはディアボロの手前までだな。他の滝にはもっとづくよ」
なるほど、他の滝をクリアしないとディアボロには挑戦できないってことか。
申し込んだ。

乗った。
P1130138_640.jpg
あそこの滝へ挑む。
P1130140_640.jpg
「水は半端じゃないよ」と注意。
おじさん、おもしろい恰好な。
そして近づいた。
P1130153_800.jpg
半端じゃねえ!
水が石つぶてみたい。
痛い。でも楽しい。

悪魔の喉笛に近づいたら、間違いなく死ぬのがわかりました。

国立公園ないはジャングルで、大小さまざまな滝が見れます。
IMG_4284_800.jpg

IMG_4269_800.jpg

IMG_4211_800.jpg
なんかいる。
IMG_4303_640.jpg
アナグマだ。警戒心なしに近寄ってくる。
IMG_4315_640.jpg
子連れである。エサをあげてはならない。
IMG_4317_640.jpg

IMG_4334_800.jpg

変わって別の一日。
今度はブラジル側からイグアスの滝を見ます。
ブラジル側は、滝の全景を見ることができます。
イグアスの滝の規模の大きさが、よくわかります。
やはりジャングルを行き、
IMG_4408_800.jpg

IMG_4416_800.jpg

大小の滝をみつつ
IMG_4447_800.jpg

IMG_4470_800.jpg

悪魔の喉笛の全景を見る。
P1130296_800.jpg
やはりとんでもない質量
人間のいろんな思い上がりを一瞬で潰します。
その感覚を味わえるだけでも来る価値はある。
世界は広く、自然は偉大で、人間は小さい。
心のどこかにそういう感覚をもつことは、
大切なことだと思うのです。

イグアスの滝。
行って損はナシ。
みなさんもぜひ、ペシャンコにされてください。
では今回はこれで。
P1130288_800.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。