上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーイズ・ビー・麺

麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相

その24麵相は、ペルーのクスコで食べた麺を紹介します。

マチュピチュの大水害の影響をもろに受けた私は
悔しまぎれにクスコの街を散策
R1130219_640.jpg

そして腹満たしまぎれに市場へ入る

そこでは、みんな麺の入ったスープをすすっている。
そんなにおいしいの?

みんなにまぎれて着席。
「同じものをくださいな」
その24麺相:クスコ市場でみんなが食べてたヌードル
R1130221_640.jpg
R1130223_640.jpg
料金は2ボリ。30円!ステキだ。

ただし味は、たいしたことないのだ。
でもいいのだ。
日ごと、南米の麺類に対する期待値はさがっている。
だから、がっかり度も低くなっている。

スープはチキンや牛(もはいってる気がする)だしに
ふにゃっふにゃのっパスタをあわせたもの。
ただそれだけ。

みんな、これ本当に好きで食べてるのか?

南米のスープにはコリアンダー(パクチーね)がまぶしてある
ことが多い。
個人的にはこれがありがたい。パクチー大好き。

R1130229_640.jpg

空腹もまぎれたので、向かいに座ってた子とすこし話す。
R1130228_640.jpg


もちろん、ペルーの料理がすべていけてないわけじゃない。

セビーチャという食べ物を紹介しておこう。

海産物が豊富なペルーでは、魚介の料理も多い。
これがその代表的なもので、マリネや生の魚を、米や穀物、野菜とあえたものだ。
混ぜる種類は、店ごとに違う。
R1130236_640.jpg

クスコは高地にある都市だから、魚は酢漬けだった。
しかしそれでもうまい。
これは日本で出しても、必ず喜ばれる味だと思う。

秋葉原の町角でケバブを売ってるように、
セビーチェもファストフード的に売ればいいんじゃないだろか。

誰かやってみてください。

成功したら「おめでとう」と言います。
失敗したら「なるほどねえ」と応えます。
誰かやってみてください!
R1130239_640.jpg
俺がセビーチェ店をやってやる、という方
↓↓↓を押してください。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。