こんにちは
森です

世界には「日本人宿」というものがあります
はっきりとした定義はありませんが、
条件として
「泊まり客が主に日本人であること」
が第一に挙げられます。
オーナーが日本人で、日本人しか泊めない日本人宿あれば
居心地、値段、安全性、などの口コミで日本人が集まり、
そのうち日本人の旅行者の常宿となり
いつのまにか日本人宿に変わっていく宿もあります

日本人宿の利点といえば
「客のほとんどが日本人で居心地がいい」
「多くの旅人が行き交うので、最新の情報が手に入る」
「日本語の本やビデオがある」
などなど、たくさんあります。
長旅で疲れきったあとこういった日本人宿に来ると、
あまりの居心地の良さに長期間(一月、ふた月、一年とかも)
滞在してしまう旅行者もいます。
そんな和の癒し満載な場所が、日本人宿です。

私はといえば、
アジア・アラブ・ヨーロッパ・アフリカと旅してきましたが
日本人宿によく泊まるようになったのは南米からです
私のような旅人は多いようです。

南米は治安に不安があるので、
(部屋に置いた荷物すら、泥棒にやられる)
安全な日本人宿に泊まる人が多い、
といったのがその理由のようです。

そうやって日本人宿を拠点にして旅をしていると、
他所で会った人と再会することもよくあります

日本人宿で再会し、一緒に観光をして
またお互いの目的地に旅立っていく

すこし先まで目的地が同じなら、そのまま一緒に旅をする
といった風に、旅の仲間ができるのも、
日本人宿の良いところでしょう。

リオのカーニバルのあと移ったサンパウロにも、
日本人宿があります。
そこでは二泊の予定でしたが、
やはり居心地がよく、四泊してしまいました。
こういうのは、その場にいた宿の客たちの顔ぶれによって
居心地の良し悪しもかわってきますね。
では、サンパウロでの四日間を、ざっと紹介します。

R1132824_640.jpg
私がいたサンパウロのリべルタージ地区。
サンパウロは日本からの移民が多かった都市で
世界的に見ても、LAのリトルトーキョーと並ぶ
大規模な日本人街がある。それがリべルタージ地区。
日本の定食屋、スーパー、喫茶店、なんでもあります。
これも長居の原因です。
最近、行動の動機の9割が食い気になってきてる・・
R1132809_640.jpg
こういった日本文化もしっかり入ってきてる。

R1132815_640.jpg
宿の猫。すこし日本語を解する。気がする。
R1132820_640.jpg
肉球を好きなだけ触らせてくれる。ありがたい。いやな顔はするけどね。

R1132952_640.jpg
みんなでシュラスコを食べる。17レアル(850円)。安!うなるほど肉を食べられる。

R1132945_640.jpg
地下鉄に乗る。清潔、涼しく、そして意外に安全だ。
R1132939_640.jpg
円形の手すり。グッドデザイン賞をあげたい。
R1132917_640.jpg
サッカーの試合会場に着いた。サンパウロFCのホームゲーム。
びっくりした。ガラガラだ。
公式来場者数6000人。もっと熱狂的かと思ってた。ブラジルサッカー。
R1132923_640.jpg
でも点が入りゃ、とうぜん盛り上がる。

IMG_6013_640.jpg
また別の一日、みんなでカーニバルを観に行く。
IMG_6111_640.jpg
IMG_6070_640.jpg
チャンピオンカーニバルで、今年の決勝順位ごとに各チームがお披露目をする。
IMG_6042_640.jpg
コンテストじゃないので、みなさんリラックスして踊ってます。
開演が午後10時過ぎくらいから。
和やかなムードの中、パレードは朝まで続きました。
IMG_6171_640.jpg
そしてこのカーニバルを境にみんな次の目的地へと向かっていく。
「またどこかで会いましょう」
と、いつもなら社交辞令的に使われるこの言葉も、現実になるのが、南米の旅です。

ではみなさん、またどこかで会いましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

元気そうですね

森さん 
こんにちは
もう次のプランを考えてるんですね。
ところで2週間ぐらい前にメール送りましたが届いていませんか? 機密情報が含まれているので確認してみてください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)