上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

南米名所シリーズ第4回は、
イースター島です。

イースター島といえばもちろんモアイが有名ですが、
この島の魅力はそれだけじゃありません。
青い海と空、ビーチ、火口湖など。
美しい風景がたくさんあります。
そして島の生活が、そのゆったりした時間の流れに、癒されるます。

モアイと島の観光が終われば、
あとはとくにすることもなくなりますが
なにもしないことも、この島の楽しみ方のひとつじゃないかと思います。
朝起きて、海沿いを散歩しながらモアイを見て
宿に戻りビールを飲みながら昼食をとる。
午後の1時から夕方まで、各商店はシエスタ(昼休み)に入る。
町は静かになり、私もそれにならって(?)昼寝をする。
昼寝から起き、ソファで本を読んだりして過ごす。
真夏だけど、風が入ってきて涼しい。
窓の外には水色の空が広がってます。

夕方ごろ、食材を足りない食材を買いに行ったり
また散歩にでたりする。
海辺で夕陽を見るのもいいです。
青色の海に、夕陽の赤が入り混じっていく様がとても美しい。
夜には宿の客がリビングに集まり話をして、
それで一日は終わっていきます。
なにもしなかったけど、いつのまにか一日がおわっていて、
なにもしなかったが、心地よい一日だったと
そんなふうに、島の日々が過ぎていきます。

地震で足止めをくったイースター島ですが
なにもしないで待つことが、思ったより苦痛にならなかったのは、
イースター島にいたからかと思います。
予想外のバカンスタイムに、旅の疲れを癒した一週間でした。
では、イースター島の様子をどうぞ。

R1133221_640.jpg
サンティアゴから約4時間
4000キロメートル離れたイースタ島に到着。
ここの周囲2000キロ以内には人が住んでる島がないという。
絶海の孤島です。
IMG_6467_640.jpg
島の様子。まさに南国だ。
IMG_6470_640.jpg
野良馬と遭遇。馬はどこにでもいる。
IMG_6579_640.jpg
レンタカーでモアイたちに会いに行く。↑これが私的ベストモアイ。
IMG_7010_640.jpg
島のメインストリート。
モアイ観光が終わると、あとはひたすらゆっくりした時間が流れる。
IMG_6722_640.jpg
ビーチに行ったり。
R1133248_640.jpg
みんなでバーベキューをしたり。
IMG_6839_640.jpg
たまにショーを観に行ったり。

R1133270_640.jpg
私が泊まっていた宿、「HARE KAPONE」ハレ・カポネのキッチン。
出来たばかりの日本人宿で、清潔で快適です。
一泊10000ペソ(約2000円)。
3日以上滞在する人は、初日から一泊8500ペソ(1700円)になります。
ベッド数が8つしかないので、予約しておいたほうがいいかも。
予約すれば空港へ迎えに来てくれます。

IMG_6992_640.jpg
火口湖へはトレッキングで行きました。
片道2時間くらいで行けます。
IMG_6886_640.jpg
坂を登り、視界が開けたところに火口湖が現れる。
歩いてくると、感動は倍増します。
IMG_6937_640.jpg
そしてこの海の眺め。
これほど美しい青をした海は初めてです。
海面は静かで、白い雲を映すほど。
IMG_6943_640.jpg

R1133263_640.jpg
海に沈む夕日も、この島ではショーのひとつ。きれいです。
IMG_6861_640.jpg
そしてまた夜が来る。水平線の間際にまで星が瞬く。
遅くまでみんなで話し、トランプなんかをして、そして寝ます。
まさにバカンス。
駆け足の旅の中、久しぶりにゆっくりくつろいだ一週間でした。

イースター島にはタヒチからのフライトもあります。
モアイはおまけぐらいに考えて、
バカンスのつもりでイースター島に来てもいいような場所です。ここ。

わたしにはバカンスが必要だ。という方はクリックしてください。
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

デジタル一眼レフカメラ

カメラの件、返答ありがとう。
随分とコメント返しが遅くなりました。

やはり、あのきれいな画像は、デジタル一眼レフカメラのなせる技なのですね。
画像調整もしていると言っても元々の画像の質がコンパクトデジカメとは違うんだな~と思います。
せっかく思い出を画像で残すのだから、見たまま感じたままに近い、生き生きとした写真をアルバムしたい。
本気で購買意欲が増大してます。
(只今、パナソニックLUMIX DMC-GF1C を検討中。)


たくやくんの写真見てそう思うのです。

イースター島も行ってみたくなったぞ!!
南米って魅力!

URL | ROKO ID:SFo5/nok[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。