森です

NYのスナップ、今回は
「森卓也。自由の女神に会いにいく」の巻。
です。

自由の女神はマンハッタンから2.6キロ離れた場所に浮かぶ
リバティ島におわします。
普通ならリバティ島行きのリバティフェリーに乗ればリバティ島に行ける

わけですが、

いかんせんフェリー代は10ドル以上する。
節約旅行者たちは、そのような金銭的リバティを持っていないので、
また別の、金のかからない方法で女神リバティを観にいきます。

その方法が「Staten island ferry」( スタッテン・アイランド・フェリー)です。
これはロウア―マンハッタンから、同じニューヨーク市のスタッテン島まで就航しているフェリーです。
マンハッタンへの通勤通学の足として使われているこのフェリーから、
リバティ島にいる女神様を観ることができるのです。

そしてこのフェリー、運賃が無料です。
昔は有料だったが、市民運動により、1997年から無料になったそうです。
アメリカの市民運動の力ってすごいですね。

私もその恩恵を受けて、スタッテ・アイランド・フェリーに乗り
自由の女神観光をしてきました。

ではその様子をどうぞ。

スタッテンアイランドへの船は、マンハッタン島の南端、バッテリーパークから出航する。
その近辺はロウア―マンハッタンと呼ばれ、金融の中心ウォール街、9.11テロの跡地
グランド・ゼロなどがある。
船に乗る前にそこらを見学してみた。
IMG_1081_640.jpg
ビルが林立するオフィス街。
こっちのビル群は日本のより美しい。
IMG_1115_640.jpg
ウォール街。こざっぱりとして隙のない格好の人多数。
IMG_1126_640.jpg
ニューヨーク証券取引所。
IMG_1121_640.jpg
マンハッタン最古の教会、トリニティ教会。
1846年建造。
近代的なビル群の隙間から見るゴシック建築は
月日の檻を帯び、錆色になった姿は一つ目の巨人のようだ。
IMG_1129_640.jpg

ウォール街からバッテリパークへ。
IMG_0902_640.jpg
Billy joelも歌に歌った
スタッテンアイランドフェリー。

マンハッタンを離れる。
IMG_0912_640.jpg
IMG_0922_640.jpg
離れてみるとマンハッタンが島であることがよくわかる。
人々のエネルギーの溢れる島だ。

IMG_0923_640.jpg
船は女神の横を通過する。
IMG_0927_640.jpg
自由の女神はマンハッタンを見守ってはいない。
マンハッタンにやってきたり、去っていくものを見つめている。
自由の女神に見送られて、NYに来たんだと、新たな感慨がわいた。

30分ほどでスタッテンアイランドに到着。
マンハッタンとは違い、落ち着いてのんびりとした町並みだ。
IMG_1014_640.jpg
IMG_1004_640.jpg
IMG_1022_640.jpg
古めかしい家が並ぶ。
小腹がすいたのでデリへ。
ベーグルにチーズを挟んだやつ、と注文。
いくつかあるベーグルから、チーズべーーグルを選ぶ。
「パーフェクトな選択だ」
と褒められました。
IMG_1026_640.jpg
チーズベーグルをトーストしてもらい、アツアツさくさくになったところをスライス。
あいだにチーズクリームを塗り込んでできあがり。
これだけのものだが、とてもおいしい。
1.75ドル。
ベーグルはNYに来て病みつきになったもののひとつだ。

そして再びスタッテン・アイランド・フェリー乗りマンハッタンへ。
摩天楼の森を歩き、ジャズクラブに行く。
今日のライブはDarcy James Argue secret socity。
友人のお勧めのバンドです。

私の前の空席に座ったのは、
マリア・シュナイダーという有名なジャズミュージシャン。
ライブも素晴らしかったし、そしてマリア・シュナイダー
と話ができるという幸運付き。

摩天楼の森の中は、やはり刺激に満ちています。
IMG_1308_640.jpg
エンパイアステートビルからの百万ドルの夜景です。
お代にクリックお願いします。
↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トリニティ教会!

トリニティ教会では毎週木曜?に無料のコンサートをやっていると
ガイドブックにあったので、行きたいと思ってたのに行けなかったなぁ。。。
ロウアーマンハッタン、他のエリアとだいぶ雰囲気が違って重厚な感じだね。
次回は必ず行きます!

URL | manaming ID:-

Re: トリニティ教会!

トリニティ教会、中も
かなり雰囲気よかったよ
昨日はアリスとウィリアムズバーグに行って
雑貨観てきました
そしていまはロスなのだ

URL | 森たくや ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)