FC2ブログ
森です

パナマからコスタリカに戻ってきました。
サン・ホゼの常宿
ペンション・オトヤからの更新してます

パナマへ弾丸旅行してきたので

ハードなスケジュールすぎて
腹を下すほどだったので

正午にサン・ホゼを出発
翌午前2時にパナマシティへ到着予定
実到着時刻は午後午前5時
3時間の遅れなんて、誰も気にしない
もちろん私も。

ラテンな国で
大河の流れのような
そんなゆるやかで広い心を
獲獲した私だ
今だったらいくら鼻毛が伸びようが
気にならないかもしれない
(実際こっちの人たち、鼻毛伸び放題だ)

さて今回利用したのはTICA BUS
パナマまで片道32ドル
学割はなし
バスは冷房効かせすぎで寒いくらいので
半袖だと凍死するかもしれません

到着午前五時で、空は白んでいる
パナマの朝は明けるのが早いなあ

バスターミナルからそのまま
郊外にある遺跡へいくため
コロンへ向かう

十分ほどでバスは来た
IMG_9610_6401.jpg
カラフルなバスに揺られること80分
コロン(colon)に到着(2・5ドル)
そのままバスターミナルから
ポルトベーロ(portoberlo)行きのバスに乗る
これもまたカラフル
ガタピシと揺られること80分
ポルトベーロ到着(1ドル)

山と海に囲まれた小さな村だ
IMG_9651_6401.jpg
IMG_9665_6401.jpg

空はとことん青く
日差しは強烈
まだ朝の8時半なのになにこの暑さ
昼になったらどうなんだ
車のボンネットで目玉焼きできるぞ、きっと

町には色彩豊かな装飾画がたくさんある
IMG_9700_6401.jpg
IMG_9696_6401.jpg
IMG_9714_6401.jpg
IMG_9750_6401.jpg
どれも強い日差しの下で映えている
日本的なしっとりと落ち着いた色使いとは
まったく逆だ

そうだ、遺跡だ。
スペイン人が造った要塞のあと
400年くらいまえのもの
だってさ。
なるほどねー、といった感じ。
IMG_9768_6401.jpg
IMG_9777_6401.jpg
IMG_9634_6401.jpg
IMG_9651_6401.jpg

なるほどね

バスに乗ってコロンへ戻る
帰りは1.3ドルした
なぜだ

バスは学生たちで寿司詰め状態
いや、パナマで寿司ってのも変か
ならなんだろう

タマルっていう、とうもろこしの粉を
バナナの葉に包んで蒸したやつ
あれ、葉っぱのなかに中身ぎゅうぎゅう詰まってるし
蒸されて熱いし
あれかな
つまり
バスのなかはタマル詰め状態
ということでした
・・・

IMAG0082_640.jpg
↑タマル
味はナポリタンを水で薄めたようなやつ
これはまずい。ギブアップ。


コロンに戻って昼食
コロンは中米一、危険な街なのだ
でも明るく人通りが多いところは
問題ないようだ
IMAG0120_640.jpg
IMAG0144_640.jpg
IMAG0148_640.jpg
IMAG0159_640.jpg
市場では華僑の店が多い
街でも華僑系の商店多し
そしてちょっとわき道に入れば
雰囲気は一気に怪しげになり
IMAG0140_640.jpg

中米一デンジャラスな町という町のの片りんを見ることもできる

腕時計の温度計を見ると
気温は36度
・・・
気温のほうもデンジャーだ

この話、続くんです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)