上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

トウキョウからの更新です

バンクーバーから日本のナリタに飛びました
カナダでの最後の食事は、空港のバーガーキング
ベジタブルバーガーセットに、プラス150円くらいで
フレンチフライをメイク・プーティンします
IMG_4056_640.jpg
このプーティン、手の凝った料理じゃないし
日本で出しても人気でるだろうと、信じて疑いません

搭乗ゲートに向かう
土産用のメイプルシロップをうっかりと、
手荷物のなかにいれていた私
「これは持ち込みできないなあ」と係員
「JALのカウンターに戻って、預けるか、ここに置いていくかしないとだめだね」
と、カナダの係り員。

物腰はやわらかく、この旅で一番礼儀正しい空港職員だ。
しかし、すでに二つ、荷物を預けているので、三つ目からは有料になる。

しかたなく諦めて、メイプルシロップ置いていくことにする。
「しょうがないね。ところで、ペイプルシロップ好き?」と、瓶を職員にさしだして訊いてみる。
「ここに置いて行かれた物は、決して私物にはしないんだ。教会に送って、チャリティセールに
だすんだよ」
と、職員は物腰柔らかに教えてくれる。

この職員の態度が、カナダという国の、国民性を現している気がする。
カナダでは会う人みんな、穏やかだった。

そしてフライト時間9時間
ナリタ空港に到着

ナリタ空港からシンジュクまでは
電車で18ドルほどかかる
空港からセントラルまで18ドル・・・
言うまでもなく
いままでのどの国よりもエクスペンシブ

これから旅する旅行者の心意気をくじくスペシャルハイ価格だ

車内は、ひっきりなしになんらかのアナウンスが
流れているという印象

もうすぐどこについて、終点までどこの駅に止って
どこの路線に乗り換えられるのか
ほんとうに事細やかに案内がある

サービスが良いといえば良いのだが

まるで案内のない外国の電車に慣れていると
いささかわずらわしくもある

それに、車掌さんは日本語でしか案内しないので
外国人旅行者には、なんの助けにもならんぞ

そして広告の数の多さ
思わず文字酔いした

電車のなかは静かだ
物売りの人たちの駆け声もないし
パフォーマーもいない
物乞いもいない

電車は田園地帯を走る
水を張った6月の田は、緑一色でとても美しい
建物は道や建物は、どれもとても清潔だ

清潔で、こじんまりしていて
ミニチュアの町を見ているようだ

都心に近付くにつれて、乗客も増えていく
東京駅では人の波だ
これだけの人がいるのに、あまり騒がしくない
足音と、人の呼吸音と、アナウンスがあるだけだ

人々の顔の表情も少ない
身振り手振りも少ない

外国人が日本に来ると、「たくさんのロボットがいるみたい」
と言うが、その気持がすこしわかったかな
たぶん感情表現が苦手なんですね、日本人

多民族国家ではない日本
言語もひとつ
国民のあいだで強い共通理解があるから
ジェスチャーや表情で大げさに感情表現をしなくても
相手の言わんとすることはわかるし、汲み取れる
楽でいいが、部外者は慣れないとしんどいかも


2時間近くかかって、目的地オギクボに到着
IMG_4125_640.jpg
ここの友人のところに世話になります
遠くに見えるのは、シンジュク
トウキョウ。これだけ巨大な街は、なかなかないです

IMG_4137_640.jpg
町に出たら、やはり文字の洪水
景観なんぞクソクラエ
というこの看板の群、無節操さ、ほかのアジア諸国と似ている
やはり日本って、アジアなんだと再確認
IMG_4152_640.jpg

街中には、無数のベンディングマシーンがある
IMG_4141_640.jpg
ジュースも
IMG_4143_640.jpg
タバコも
コンドームだって自販機で売ってる
オートマティック化が進んでいるのだ
IMG_4151_640.jpg
↑駐車場だって、オートマティックだ
神社の神聖なおみくじだってオートマティック
IMG_4140_640.jpg

そしてレストランもオートマティック化されている
IMG_4169_640.jpg
日本料理の代表選手、sushi
さすが本場、
魚の種類も多いし
質もいいし、その質に対しては安い

きっと、外国の人には、見たこともないものがたくさんあるはず
そして食べるのをためらうものもたくさん
例えばこのぷつぷつとした丸いやつ
IMG_4167_640.jpg
魚の目玉か?(しかも寝不足の)

まあ↑はまだしも
これなんかちょっと手をだしかねる
IMG_4176_640.jpg
この色、そしてベチョッとして、なんか気持わるい

されにこれ
IMG_4173_640.jpg
ワオ!イカじゃん!しかも丸ごと食べろって!
クレイジーだ

生ノリの味噌汁も、どんよりして、けっこう飲むのに抵抗がある
しかも、御椀に直接口をつけるという食べ方
皿に口をつけるて食べる習慣がある国は少ないから
これも抵抗があると思う
本当にこの椀、きれいなんだろうかと、頭をよぎる

IMG_4177_640.jpg
さらにこの、小魚の大群もけっこう曲者だ
死んだ魚がどっさり乗ってる、って印象なので

普段から魚を食べる習慣と
衛生的に絶大の信頼がない限り
こういったネタはハードル高めかもしれない

もちろん私は、どれもにやけるほどおいしく頂きました

ところで、こういったきちんとしたスシも食べましたよ
IMG_4127_640.jpg
一年ぶりのスシ
溜息がでるほどうまかったです

さて
次回の更新では、書きそびれたキューバのことか
あるいはトウキョウの様子を
あるいは、準備ができればこの一年の総括なんかを
では
IMG_4185_640.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おっす

もりちゃん…なんか記事読んでうるうるした。
なんでだろう。
それは…さ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ID:

森さーん!おかえりなさーい!
東京にいるんなら是非飲みに行きましょう!

URL | ryosuke ID:-

ついに日本ですかぁ~~☆
お疲れ様でした☆
荻窪^^新宿^^
なつかしい☆
今、大介さんが宿泊されておりますよ☆

URL | iruka ID:-

おかえりー!!

1年間の放浪の旅、完走おめでとう。
盛りだくさんのお土産話楽しみにしています。
百麺相の旅はまだまだ続くのかな?
ひとまずお疲れ様。

URL | navitti ID:-

Re: タイトルなし

ぜひ飲みに行こう!
ただ、ムンパレ一号館のリョウスケ君?
3号館のリョウスケ君?
・・・
どっちとも飲みに行けばいっか!

> 森さーん!おかえりなさーい!
> 東京にいるんなら是非飲みに行きましょう!

URL | 森たくや ID:-

Re: タイトルなし

大介くん
外見はさわやかだけど
実は・・・

URL | 森たくや ID:-

Re: おかえりー!!

百麺相
もうすこし
続く

URL | 森たくや ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。