上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四麺楚歌

麺類を食べながら世界を放浪

世界百麺相のコーナーです

さて
世界一周の旅を終えて帰国したわけですが

帰国したら、世界百麺相はどうなるの?
と訊かれました。
正確に言うと
「100麺食べてねーじゃん!」
とつっこまれたわけです。

いや、食べてるんスよ
この一年で100麵麺以上ちゃんと

ただ、紹介するに足るものがあるかな~
っていう感じですが・・・

気を取り直して
世界百麺相の続きいきます

今回は
「海外で食べるジャパンニーズヌードル」です

世界でメジャーなヌードルと言えば
中華系のものです。
一番は焼きそば。あとたまに中華スープ系を見ます。

同じ麺大国の日本のヌードルが
どうしてメジャーになれないのか。
たぶん、日本のヌードルはスープに魚の出汁を使うことが多いから
食材を手に入れるのが難しい地域がある
ということだと思います。

それと、中国みたいに移民が海外に移住しないのも一因かと。

日本食が食べられないので、
旅をしていると無性に、魚系のダシの食べ物が恋しくなる
そういうときはジャパニーズ・レストランに飛び込みたい。

しかしジャパレスはかなり価格が高い(そしてあまりおいしくない)

ただし例外もあります。
日本人の移民が多い場所などは
安く、おいしい日本食が味わえます

たとえばここ
パラグアイのイグアス移住区
P1130573_6402.jpg

P1130600_6402.jpg
ここには日本人移民が作った町です。
ここのレストランで、ラーメンを注文した
その33麺相「イグアス移住区で食べたラーメン」
P1130544_6402.jpg
一口食べて
「?」
すっぱい
なんだ?この酸味

どこか憶えのある味なんだが
その味の記憶へたどり着けない
ただこの酸味はあまり好ましくないものだ。

日系人の店長に聞いてみた
「うちはとんこつでダシをとってるよ。15時間煮続けてるんだ」
と、誇らしげに語ってくれた

OH MY・・
これとんこつだったか
福岡出身の私がそれに気付かないとは・・
でも、私が食べてる福岡のラーメンとは別物だ
なんつーか、棘がありすぎる。

とんこつラーメンの、進化の途中にはきっと
こういうラーメンがあったんだろうなあ。
と思わせる味だった。


日系移民がやっている店だから期待したけど
何事にも例外が・・・

「海外で食べるジャパニーズヌードル」
次回も続きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

昨日NYで一風堂を食べました。

美味しくて泣きそうでした。

煮たまごとチップで20$も使いました。

URL | だいすけ ID:-

ザ・麺

100麺相いったんですね!素晴らしい☆
そして、けんちゃんとか懐かしすぎる!!

URL | タケ ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。