森です

Chitose-karasuyama
からの更新です

今回はキューバのニセ葉巻売りの話をすこし

ただ先日、「文字ばかりじゃつまらん」
との意見をもらったので
キューバの画像とともにお届けします

*画像と話の内容は必ずしも(というかまったく)一致しませんので。

キューバの葉巻は世界最高峰と有名です
葉巻と言えばキューバ、キューバといえば葉巻
セカチョクといえば、私です
IMG_2310_6402.jpg
さて、
ハバナの町を歩いていると、必ず葉巻売りが声をかけてきます
すれ違いざま、あるいはつつっと近寄ってきて
「シガー、シガー、コイーバ」とささやきます
IMG_2329_6402.jpg
一日に10人くらいには声をかけられます

Cohiba(コイーバ)とは、最高級といわれている葉巻の銘柄で
1本5000円とか1万円とか、かるくしちゃうハイパーな葉巻です
IMG_2330_6402.jpg

さて、そのコイーバにもいろいろ種類があり、
そのなかの「エスプレンディードス」という葉巻
これをキューバで買うと、1本17.98CUC(約17ドル)ほどします

キューバ国外で買おうとすると、だいたいその2倍から3倍ちかくになる

エスプレンディードスの25本入りのボックスなら
440CUC(約400ドル)もします。

そんな高価な葉巻を、路上の葉巻売りからなら、
ったいいくらで買えるのか
そしてはたして、それは本物なのか?

興味があるので付いていってみました
IMG_2302_6402.jpg
細い路地を通り、案内されたのは古いアパートの一室
洗濯物が干してあったり、おっかさんが家事をしていたり
生活感あります

*このときはもう一人、日本人と行動してたので
 着いて行ったけど、もしあなたが一人なら
 着いていかない方がベターです

私たちが部屋に入ると、
男が葉巻の箱をたくさん抱えてやってきた
IMG_2299_6402.jpg
「どうよこれ。よりどりみどり♪」
みたいなノリで、葉巻のボックスを開いてみせます。

そのなかには、コヒーバ・エスプレンディードもしっかりある。
箱だけ見れば、正規店でみたのと変わりがない。

値段を聞くと
「2箱で80CUC」とのこと。

1箱40CUCってことは、正規品の10分の1以下の価格だ。
しかもスタートがその値だから、交渉すればもっと安くなる。
「知り合いが葉巻ファクトリーに勤めてるから、安く仕入れられるんだ」
と、説明します。

そのほか
Bolivar(ボリバール)
montecristo(モンテクリスト)
partagas(パルタガス)
romeo y julieta(ロミオ&ジュリエット)など
有名どころがたくさん

そして彼ら
「さあどれにする?どれにする?」
と迫ってきます

ここで
注意すべきなのは
本物には箱にホログラムが貼ってあるということ。
そのホログラムも二ヵ所に貼ってあり
ひとつは小さなな正方形の透明ものが、
箱に直に貼ってある。

その正方形のシールが、箱に見当たらないので
「ホログラムどこ?」
と指摘してみる。

「大丈夫。心配するな、ここにちゃんとあるから♪」
と、彼らはそう言ったかと思えば、
ホログラムシールが連なったシールの束を。
自慢げに見せだした。

・・・そういうのは最初から貼ってなきゃだめだろうが!

と、私が彼らのボスならそう怒鳴りちらしますが、
無関係な立場から見れば、
そのヌケっぷりがかわいく見えてきます。
IMG_2315_6402.jpg

しかしホログラムシールは一種類じゃない。
ホログラムは箱を封印するシールにもついている

これは私が正規店で買った
ロミオ・アンド・ジュリエットのコロニアル
25本入りで55CUC(約5000円)

カナダでは、同じの20000円以上してました。
四倍ですね。

IMG_5481_6402.jpg
IMG_5482_6402.jpg
そしてこの封の部分の、きらきら光るホログラム部分

どうやらこの部分は、彼らニセ業者には用意しにくいらしい。

どのシールも、紙の封のみで、ホログラムはついていない。

「ここのホログラムは?」と訊いてみる。
「うん。ない。でも本物だよ」
と、あっさりと言ってのける彼ら。

さてこれ本物か、にせものか・・
(考えるまでもないですが)

そのあいだ、連れのD介くん。

彼らの部屋のパソコンを勝手にのぞいて
MP3のキューバ音楽がないか物色していた、
(いい根性してます)

「森さん、これ、Windows7はいってますよ」
と、彼らのパソコンを見て驚くD介くん。

ハバナにはネットカフェなんてない。
一流ホテルのパソコンでさえ、ともすればダイアルアップというこの国で
Windows7とは・・
「めちゃ荒稼ぎしてますね、こいつら」

やはり彼らの葉巻が本物であることは
万が一にもありえません。

「今回はやめとくよ」と私たち。

「へ―い、なんでだよ!本物だぜ!」

と彼ら。
ただ、本物じゃないとバレタのを知っているのか
とくに押し売りはしてきませんでした。
22222.jpg

葉巻はこの国の重要な輸出品で
工場は国が管理しています。
だから基本的に、おいしい話はありません。

私が泊まった宿の主人もやはり葉巻を売っていて、
ここでも
「工場で働いている友達がいて
コイーバが安く手に入る」
というふれこみでした

「たくさんの日本人が、ニセモノを買わされている。
それが気の毒で仕方がないから、私が本物を安く
売ってあげることにした」

そこはたくさんの日本人が泊まる宿なので、
騙される日本人をみかねたご主人が。
善意で葉巻を用意してくれている、ということらしいです。

そのコイーバのエスプレンディード。
価格は1箱60CUC。

封印のホログラムはやはりなし。

私は買いませんでした。

ご主人、悪い人じゃないんですけどね・・

IMG_2309_6402.jpg

さて、これからキューバに行ったろうと思っているみなさん

私は専門家じゃないので、本物、ニセモノの区別はつきませんが

もし少しでも怪しいと思ったら、それは買わないほうがいいと
思います。

私の旅の経験上、うまい話はそう転がってないです。

そんなものです。

では。
IMG_2313_6402.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

葉巻と煙草

何がどう違うのか??私は一切やらないから好きな人だったらキューバの葉巻が有名なのも知っててそれを試したいと思うんだろうね。

URL | さち ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)