上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

東京に住んでいるみなさんにも。

東京に住んでいないみなさんにも。

東京を歩けば、こんな景色があります。
というところをお届けします。今回は。

東京を毎日歩いている人にも。
東京を歩いてみたいと思っている人にも。

今回は東京観光といえば外せない街、ASAKUSAです。

今日もまた、脳神経系のように複雑なTOKYOのサブウェイを軽やかに移動し、
ゲリラや悪徳警官に襲われることもな(どこの国だ?)
アサクサに到着しました。
日本は平和です。

地下鉄銀座線の階段をあがると出口には、
あの有名なサントリーのビルが。

ビルの上におかれた、「ビールの泡」をイメージしたオブジェ。

これが泡でなく排泄物に見えてしかたないことから、

「う○こビル」という、名誉ある通称をもらっている、このビル。
IMG_5354_6401.jpg
つまりあの右下にあるビル。拡大します。
IMG_5352_6401.jpg
遠くに、スカイツリーが見えます。

スカイツリー。かなり遠くにありますが、巨大なのでビルの隣にあるように見える。

もう少し拡大します。
IMG_5356_6401.jpg
うーん・・
色といい、
形といい。
やはりうん●ですね。
さすがアサクサ。情緒があるなあ。

・・さて、うん◎ばかり見ていても仕方がないので
いざ雷門のほうへ
雷門はここから歩いて3分ほどの場所にある。
あそこ。
IMG_5371_6401.jpg
記念撮影をしていたり、休憩していたり、待ち合わせの場所にしていたり。
たくさんの人でにぎわっている。
IMG_5373_6401.jpg
ここで無事、T君と合流。
T君とはエジプトのカイロで知り合った。
約半年ぶりの再会だ。

まずは浅草の藪蕎麦でビールと蕎麦をひっかけて
それからアサクサ散策に。

雷門の前には、外国人観光客がたくさん。
飛びかう英語、スペイン語、中国語。
「なんだか懐かしい響きだねえ」
と、旅をしていたころを思い出し、
二人でしばし感慨にふけります。

ここアサクサは、おそらく東京で一番のツーリスティックエリアです。

雷門から浅草寺へ続く道は仲見世通りといって、
たくさんの土産物屋が並んでいます。

江戸初期、300年以上も前から、
浅草寺に御参りに来るツーリストを相手に商売をしていた、
歴史ある商店街です。
ふとダマスカスのスーク(商店街)を思い出しましたが、
スークのような怪しさはありません。
健全です。

今日はよく晴れて、たくさんの観光客がいました。
IMG_5364_6401.jpg
各店の品ぞろえは、やはり和風のものが多い。
IMG_5379_6401.jpg
扇子に
IMG_5382_6401.jpg
アロマに
IMG_5387_6401.jpg
揚げ饅頭つまみ喰い
揚げたてでうまい。
IMG_5385_6401.jpg
このウチワ。価格は300円。
柄も和風で涼しげ。
土産には手ごろです。

仲見世通りを抜けると、仁王門があります。
IMG_5394_6401.jpg
仁王門をくぐります。

あ、浅草寺!!
IMG_5402_6401.jpg
工事中じゃん!
残念だ。
でも工事のカバーが龍だ。
粋だ。

IMG_5411_6401.jpg
今回もこの箱にお金をいれて、お祈りをする。
いや、違った。
お祈りじゃなくて、願い事をするのだ。
心のなかで願い事をくり返す。

そして願い事を唱えおわって気がつく。

いつの日か、
他人のことを祈れるような、
心に余裕のある人間になりたいもんだなあ

と。

IMG_5412_6401.jpg
箱の向こうでは、お坊さんによる祈りが行われていた。
たくさんの信者が、お坊さんの祈りの声に耳を傾けている。

しかし、すぐそこでそんな神聖なことやってるのに、
こちら側のこの騒がしさときたら。

西洋の静謐とした教会とは、大違いだ。

しかし、このある種の大らかさ
アジア特有のものだと思います。
清濁一緒というか、死生の垣根が低いというか。

さて、境内では、こんな奇妙な光景も。
IMG_5405_6401.jpg
アロマが焚かれ、その煙をみんなが身体に浴びせている。
香水の代わりか?
みんなおしゃれさんだなあ。

と、もちろんそうではなく、この煙を患いのあるところにかけると、患いが治るらしいのだ。
しかしみんな、頭にかけているぞ。
自分の頭が悪い、ことを白状しているようなものだ(笑)

いやはや、みんな恥ずかしくないのかなあ。

さて私は、旅の途中で悪化した恥骨疲労骨折を治すため
股の部分に煙りを浴びせる(←お前のほうが恥ずかしいわ!!!)

股の治療もすませ、
五重塔を横目に花やしき通り商店街へ
IMG_5448_6401.jpg
IMG_5453_6401.jpg
この界隈は、ツーリスティックエリアと
昔ながらの下町が混在しています
IMG_5426_6401.jpg
このような大衆演劇の小屋があったり
IMG_5427_6401.jpg
古びた路地に古びた定食屋
IMG_5429_6401.jpg

ここらには寄席や花屋敷遊園地もある。

六本木や渋谷、新宿といった場所とはまた違うタイプの娯楽が、
アサクサにはあります
IMG_5459_6401.jpg
IMG_5463_6401.jpg
IMG_5457_6401.jpg

おそめの昼食はあなご丼
ひょっと通りかかって決めた店
アサクサ「とよしま」
IMG_5447_6401.jpg
IMG_5439_6401.jpg
このアナゴは江戸前だろうか。
800円という値段から、まあ違うでしょう。
しかし帰国してからというもの
日本食だったらなにを食べても、まだ嬉しさがある。

おいしく頂きました。

最後に仁王門の提灯を紹介して、今回はお別れです。
IMG_5449_6401.jpg
でっかいクラゲみたい。

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

浅草散策いいね

私もよく浅草散策します。いつか昼間っから飲んでるおじさんとお供したいと思ってます。

URL | さち ID:-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ID:

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。