麺類が好きだ。
ただ生まれ変わったら麺類になりたい
とは思わない。

麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相

今回は韓国の麺類です

私が住んでいる福岡市
西は糸島市
東には北九州市
南には久留米市

そして北には釜山市がある。

ビートルという高速船で3時間。
値段も往復8000円くらいからあり

大阪に行くのと時間的には同じ
料金的には安い。

上海も東京より近いし
福岡にいると「アジアに住んでる」という
実感があります。


そして釜山の町。
韓国は麺類が豊富です。


まさに「森も歩けば麺に当たる」状態です。
IMG_7808_640.jpg
探すのに苦労しないのでいいから、とてもありがたい。

四面(スミョン)の南側の狭い路地を歩くと、
客のみんなが麺をすすっている店を発見。

反射的に入店する。
DSC01688_640.jpg

メニューは少ないです。
もしメニューがたくさんあったとしても
私はハングルが一文字も読めないのでどうしようもありません。

そんなときはいつも店員のところに行って

「あれをください」

と近くの人が食べているものを指さしてねだる。


そして五分後。
その麺類がきた。(´・∀・)

その48麺相「カルグクス」
3000ウォン(220円)なり。
DSC01689_640.jpg

韓国のうどんです。

赤くてけっこう辛そうだ。

カルグクスには辛くないものもあるので
私が指さしたのが唐辛子入りのやつだったようだ。

混ぜてみる。
DSC01690_640.jpg

麵の不均一さ、たぶん手打ちですね。

でもコシはあまりないです。
けっこう長く茹でていたようだ。

ダシはなんだろ。

鳥か?牛か?

スープで獣臭さはない。
あさりでとってるのかも。
あさりと、鳥のブレンドかなあ。

具は、ネギ、キムチ、ニンジン、あと大根の千切り。

見た目ほど辛くない。
全体的にとてもさっぱりしていました。
同じスープでおじやにしても、おいしそうだと感じました。

しかし韓国の鉄の碗には、いつまでたっても慣れないなあ。
温かみがないというか。


次回も韓国の麺類です。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)