上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です。

ソウルからの更新です。

今回は大邸(テグ)の街の様子をお届けします。
滞在時間が短いので
歩いてご飯を食べただけですので。
テグをテクテク、いわゆる「テグテク」です。

テグは釜山からバスで一時間強で行けます。
料金は6400ウォン(500円弱)
韓国は移動費が安くて助かります。

地下鉄1号線の終点、老𡈁洞(ノポドン)に併設された
総合バスターミナルへ向かう
IMG_7890_640.jpg
バスのチケットは、飛び込みでも問題なく買えます。
週末の朝夕とかの人気路線では、満席とかもあるようですが。
カウンターで英語はかろうじて通じる。
IMG_7893_640.jpg
韓国では、バス路線がかなり充実しています。
あっというまにテグに到着。
IMG_7896_640.jpg

テグは中規模の都市だが、観光の目玉はとくにない。
Q:ならばどうしてテグに来たのか。
A:釜山から距離がほどよかったから。

それだけの理由です。
さして目的があるわけでもないので
テグを歩きます。
いわゆる「テグテク」です。

IMG_7929_640.jpg
バスターミナルのある東テグ駅から中心部には
地下鉄で行きます。
半月堂駅から地上に出れば、ご覧のとおり、地方都市の趣。

IMG_7922_640.jpg
韓国の大通りには、歩行者用の信号がない場所か多い。
横断歩道もない。
Q:どうやってわたるのか?
A:地下にもぐる。

歩行者信号のない交差点には、地下通路がある。
何度も地下をくぐらされるのはしんどい。
そして地下にはだいたい、地下商店街がある。
売っているものはどこかあか抜けない。
地下街の雰囲気はどこも中野ブロードウェイ(東京中野区にある商業ビル)
に似ている。どこか怪しげだ。
IMG_7925_640.jpg
地上に歩行者信号を置かないのは
地下商店街に誘い込むためじゃないだろうかと、
かんぐってしまう。
IMG_7928_640.jpg

地上に出る。
腹が減ったので飯をくう。
DSC01778_400.jpg
これはタロクッパブ。
野菜と牛の血の塊でつくったスープに
牛肉、ネギ、大根などが煮込まれている。
ニラはお好みで。
味はさっぱりとしている。
若干、クセがあるが、これが牛の血の個性か。
スープは、野菜の甘みは弱く、塩気は控えめ
辛みは若干強く、酸味が程良い。
DSC01777_400.jpg
具にも牛の血の塊がある。
味はといえば、レバーから臭みを抜いて、さらにうま味も
抜けてしまった感じだ。
ビールを飲んで、占めて8000ウォン(620円くらい)

外に出て、ほろ酔いでテグる。

IMG_7920_640_20100912195054.jpg
韓国ではよく教会をみかける。
宗教ではキリスト教徒の割合が、一番多いそうだ。
さらに儒教の習慣も深く根付いている。
ユニークだ。
IMG_7911_640_20100912195054.jpg

韓国の街は、大通りは近代的だが
一歩裏道に入ると、かなり雰囲気が違ってくる。
こうなる。
IMG_7944_640_20100912195205.jpg
昭和だ。
IMG_7948_640.jpg

さらにさらに奥へと入ると
さらにさらに時代をさかのぼっていく。
IMG_7953_640.jpg
IMG_7969_640.jpg
IMG_7982_640.jpg

テレビで見る韓流ドラマの華やかな世界と
まるで縁のない風景。
大通り以外は、だいたいこんな感じだ。
IMG_7963_640.jpg
IMG_7954_640.jpg
市場の食品は、野菜、果物、肉も、だいたい日本と同じようなものだ。
魚もよく売られている。
それとキムチ屋さんが、たくさんある。

IMG_7992_640.jpg
車社会の韓国は、車優先の感がある。
運転はかなり荒く、人のほうが避けてしかるべし
と、そんなスタンスで傍を走り抜けていく。
無茶な路上駐車も当たり前だ。

と、そんなこんなで帰りのバスの時間が来てしまう。
・・・今回はなんもしてないな(今回も?)
歩いて、写真撮っただけだ。
IMG_7910_640_20100912195054.jpg

テグテクとはそんなもんだ。
これでテグテク終わり。
次回はソウルの様子をお届けします。
では。
関連記事
スポンサーサイト
 韓国  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。