上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

いまごろはきっと
プラハからストックホルムへの
バス(!)に揺られているはずです

北欧はレンタカーでまわろうと思っているので
それならば
寒くなる前にまわらねばと

ポーランドや、バルト三国は後回しにして
まずはプラハからストックホルムにはいります
チケットは8000円くらいだったかな
鉄道に比べるとかなり安いです

しかも直行便
ただ、
乗車時間
なんと、
21時間30分

この旅で最長乗車時間です、
いったい何をすればいいんでしょうか
とにかく
腰まわりがバッキバキになる予感、というか確信はあります


私の体がどうなってしまうのか
それはまた次回報告するとして

今回は
プラハの聖ビート大聖堂を紹介します
プラハは歴史のある都市で
街自体が芸術的な建築物にあふれていますが

そういった中でもひときわ美しさ、荘厳さを
誇っているのが、プラハの敷地内にある
聖ヴィート大聖堂です
IMG_1716_640_20101122224948.jpg
すごい存在感
にょきにょきと突き出た角が
精巧に精密をもちながら、天に向かって運動しています。
14世紀の建築だそうです。
IMG_1726_640_20101122224947.jpg
IMG_1729_640_20101122225102.jpg

この聖堂の見どころは、外観だけではありません
内部の芸術がすごいのです
IMG_1890_640.jpg

IMG_1773_640_20101122225101.jpg

IMG_1868_640.jpg

IMG_1805_640.jpg

IMG_1837_640.jpg

理智や愛など
人間のすぐれた部分だけを凝縮して作られた
見事な空間です

とくに素晴らしいのが、そのステンドグラス群

IMG_1879_640.jpg

IMG_1754_640.jpg

IMG_1764_640.jpg

IMG_1762_640.jpg

IMG_1876_640_20101122225413.jpg

IMG_1781_640.jpg

これだけの美しさを見せられると
思わずキリスト教によろめいてしまいますね
キリスト教は美しい、そして美しいものは正しい
だからキリスト教も正しい
といった三段論法をも
納得してしまいそうになります
美には力があります

宗教美術はとうぜん、
その宗教の精神を反映します
聖ヴィート大聖堂の外観、
いかめしいゴシックデザインは
厳格な感じがありますね

アンコール・ワットのやわらかなデザインとは
だいぶ違いがあります

どちらもそれぞれの美がありますので
どちらが正しいか正しくないか
そういったくくりでは話すことはできません

同じように
アンコール朝の宗教観も
キリスト教の宗教観も
どちらが正しい、正しくないかは
私には決められませんが、
それは私がほとんど無宗教だからでしょうかね

どうなんでしょう

さて
これいじょう余計なことは言わずに
美の余韻をのこしつつ今回は終わります
では
IMG_1905_640.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。