上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストックホルムをレンタカーで出発して
ノルウェーの首都オスロに到着する前に日没

山間のキャンプ場の駐車場で車中泊をした私無事だったのか。

朝起きた
R0013862_640.jpg
よかった。凍死はしてなかった

外気温は2℃。
これから北に行ったらさらに気温は下がるだろう。
そうなると、車泊はできないかなあ。

川の水で顔を洗い(ワイルド)出発

ここで初めての給油。

北欧のスタンドですが、どこもセルフ方式です
R0013888_640_20101126041351.jpg
クレジットカードで支払うのが一般的。

給油機にカードリーダーがついていて、そこで操作する。
イージーです。

ただ、私はいつもニコニコ現金払いですが。
R0013889_640.jpg
給油してから店内に入り、給油機の番号を言う
そしてレジで支払う。
これもまたイージーです。

ちなみにこの車、ディーゼルでした
長距離安定走行なので、リッター14キロくらいいったかな

この大きさで、外国車ということを考えれば上出来です
ガソリン価格は、リッター135円くらい

出発
R0013895_640.jpg

ノルウェーの首都オスロに到着
かなり小さな町だ。
本当に首都か?と思うくらい。
R0013959_640.jpg

R0013938_640.jpg

R0013961_640.jpg
国会議事堂も道端に何気な~くある

オスロの人口は50万人ほど
金沢や倉敷と同じくらいですね

ノルウェーは、総人口も500万人ほどです
想像してたよりずっと少ない数ですね

でも
ギリシアも総人口1000万人しかいません
あれだけ名の知られた国なのに、少ないなあと驚いたもんだ

そうなると
日本の人口1億2000万人って
かなりの人数です

あの島国に、1億人以上もの人がいる
そのみんなが同じ言語を話しておる
移民も少なく
1億人が同じ日本人としての共通意識を持っている

それってかなり特殊なことだと思います
私たちは国として、自分たちが思っているより
大きなパワーをもっているんですね
うむ

今回、オスロに寄った最大の目的は、ムンクを見ること
「叫び」が有名な、画家です
munch512.jpg
この方です
R0013899_640.jpg

ムンクの作品を一度に大量に見たのはもちろん初めて
どの絵にも共通する「孤独」と「不安」という題材
多彩な色彩。そういった彼独特のタッチの、その頂点に「叫び」
という作品があるのがよくわかりました

行ってよかった

美術館のあとはでランチ
庶民的だとガイドブックに書いてた店にゆく
R0013993_640.jpg
しかし安くない
その中でも安めのオーブンサンドを注文
R0013992_640.jpg
サーモンのやつにした
ノルウェーだからね

スライスされたちっこいバゲットに、
スモークサーモンのスライスがのっけただけ

それだけ

これが1300円!
ふた口で食えるぞ
これでこの値段とは

ガイドブックは「庶民的」という言葉の使い方を間違えている。
JAROに電話するか?

ノルウェーだからNAROか?
この怒りはどこへぶつけるべきか

中華にぶつける!!
R0013994_640.jpg
どこの国にいても
お安くて、外れがないのは
中華料理なんです。
でもこれで800円くらいしたかな
高いよ、ちくしょう!!

ノルウェーの物価は、
今まで旅した中で一番お高いです

日本より高い。こんなの初めてだ。

この国、原油や鉱物資源がたくさんあるらしいです。
資源で潤ってるんですね
そういうわけで、もうこのさきノルウェーでは
レストランに入れません

だが、そこらのスタンドでも
ハンバーガーとコーラのセットが1100円もする
自家製ビーフだとかバンズだとか
そんなこだわりのバーガーじゃなくて
そこらのちんけなバーガーなんですよ

それで1100円とは
いったい何事だろう。

頼みの綱の
ファストフードもダメときたらどうするか
このあと
ノルウェーでの食事はすべて、
タイムセールで半額になったスーパーの惣菜
で済ませました
節約旅行者にはつらい国です。

次回は、オスロの街の様子をお届けします
派手さはなく、落ち着いた町でしたよ。
では今回はこれで。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。