森です

日曜日に
チャリティーでぜんざい売ってきました

場所は福岡の天神、
大名の紺屋町商店街です

ここで定食屋をしている友人の
手伝いをしたわけです
IMG_9144_640.jpg
近くの和菓子屋さんで作られたぜんざいの種
大量!

子供のころなら誰でも
プリンやゼリーを
バケツ一杯食べたいなと願ったことがありますよね
その夢の実物を見てしまった
この色つやはすごく魅力的

しかしこれはチャリティ商品
手をだしたら叱られる

これをお湯で伸ばして
おもちを入れてお客さんにだす
今日はそのために来たのだ。
IMG_9153_640.jpg
そして
ここにおいて36年の人生ではじめて
「おしるこ」と「ぜんざい」
の違いを知る

こしあんを溶かしたら「おしるこ」
つぶあんを溶かしたら「ぜんざい」
ってことらしい
衝撃の事実

そういうことなら私はだんぜんぜんざい派
粒が多いと「やったあ!」という気分になる

IMG_9162_640.jpg
紺屋町商店街の人たちが集まっている

ここらは古くからの商店街だけあって
近所づきあい深い
みんな顔なじみで、楽しそうだ
このイベントも毎年やっているそうだ

私が東京の一人暮らしをしていたときは
近所のコミュニティなんかは
ほとんど関係なく暮らしておった

「俺は一人が好きだから」とか
「俺の背後に立つな」とか
そんなこと言って自ら孤立してたわけじゃなく

東京では近所づきあいが希薄で
それが当たり前なのである

だから時々こういう密な
ご近所づきあいの雰囲気をみると

こんなのもいいなあと

そう感じてしまう
いつも一人だと
冬の木枯らしもいっそう寒く感じる
そんなものである

この日はよく晴れて
ほどよい寒さ(←どんな?)
絶好のぜんざい日和となった

売行きは例年より遅いのは
街にきている人自体が少ないからだそうだ
あいかわらず不況なのですね

それでもおもしろいもんで
通行人の誰かが買いだすと
それにつられて
みんな買いだす
IMG_9149_640.jpg

やっぱこういうイベントは
賑やかなのがいいな~

みんなが寒い中
アツアツのぜんざいをすすっています
うまそうです
楽しそうです

これぞ村上春樹のいう
小確幸(小さいけど確実な幸せ)」
ってやつでしょうか

それを見ている方も
また楽しい気分になってくるわけでして
We are happy when you are happy
状態です
こった心がほぐれますねえ

冬のさなか
心の温かさで暖をとる
そんな日曜でした

では
関連記事
スポンサーサイト

コメント

 私もぜんざい派です。
 こういうのってとても良いですね。
 寒い冬に心も体も温まります。
 
 お手伝いお疲れ様でした。
 

URL | 大福くん ID:-

ぜんざい派は私の周りも多いようです(笑)
機会があればこういうのにもっと
参加したいですね

URL | 森たくや ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)