上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

詰めものがとれて
きこくして
また出発する

チケットを買いました。

フライトは7月5日

向かう都市は北京

中国国際航空の正規割引運賃で片道53000円ほどでした。
けっこう高くつきますね。

航空会社に問い合わせたら
中国は台湾と違い、
ノービザでも片道チケットだけで入国できるそうです。
助かります。


北京からは陸路でモンゴルに向かいます。

中国とモンゴル国境のイミグレーションは
土・日曜は休みだそうなので
(休むな、と言いたいが)

11日(月)のナーダム祭に間に合うには、
8日の金曜に国境を越えなきゃいけません。


6日の夜行バスで国境へ向かうか
7日の朝から国境行きの鉄道に乗るか
そこは北京についてから考えることにします。

モンゴルのインターネット通信状況がどうなのかわからないので
出発してしばらくは音信不通になるかもしれません

その間は、先日行って、そして予想外にも帰ってきた、
台湾のことを予約投稿で随時アップしていきます。

お楽しみに。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

応援してますよ~!

こんにちは~
私のブログに訪問 ありがとうございました!
森さんのブログ 写真いっぱいで 面白いですね。
モンゴルからの旅、期待してます。  私はもう何年も前ですが
北京からウランバートルまで列車で行きました。
今って・・・そんなに値上がりですか?  信じられない!
さすが中国で・・・ワケわからん場所に停車したりしますよ。(笑)
ホントなら30時間もかからない距離を そんな停車やら
イミグレ時の台車交換やら イミグレそのものも やたらに
時間がかかるんです。  深夜の台車交換(二連駅で)はなかなか
怪しくてオモシロ体験です。列車ならではネ。
二連から出国していく列車を 何人かの駅員が敬礼して送り出すのも
ちょっと面白いですよ。 なんせ 全くの深夜1時くらいですから…。
とにかく いい旅を~! 

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。