森です

旅人のあいだでは
北京駅での鉄道チケット購入が大変だとの
もっぱらの噂です。

とにかく人が多く、ひどく時間がかかるそうで。

実際にチケットを買いに行ってみました。

北京駅前
IMG_6563_800.jpg
いますなぁ

駅に向かって右手の建物がチケット売り場です。
P1010613_800.jpg
ここにもいますなぁ
P1010614_800.jpg
外国人用は「16番窓口だ」と言われたので
素直に16番に並びます。
P1010616_800.jpg
中国人も並んでいるので、外国人専用というわけでは
なさそうです。

しかしこの列、切符の買い方に慣れていない外国人が多数なので
ぜんぜん人がさばけません。

しびれを切らした白人たちが、私の後ろから
前の方へ割り込みをしていきます。
「外国人だから、優先でいいよね」
とエクスキューズする態度を示しています。

列に並んでいる中国人は、眉をひそめながらも黙っていましたが
一人の若い女の子が怒って係り員を呼びました。
しかし係員は英語を話せません。英語で話されて困って、
「外国人だからしゃあないか」と黙認します。

若い女の子は「なんで私たちが我慢しなきゃいけないの」
といった感じで大声をだしてますが、
ボーイフレンドが叱るようにそれをたしなめます。
それが悔しい女の子はついに泣きだして
割り込みし外国人中年夫婦の奥さんの腕を叩きました。

これでその奥さんはひるんで、ちょっと後退します。
旦那の方は、「どうして泣いてるんだ、理由を説明してくれよ」
と、女の子に英語で話しかけますが、まあ、しらじらしいです。

結局、旦那さんも諦めて後退して並び直しました。
俺の前に。こら!

まあ、しゃあないかと、黙っていましたが。

割り込みはよくないですね。


そして並ぶこと2時間
やっと私の番です。

このチケットがほしいんだけど。
と、北京二連の普通列車の、
乗りたい日と時間、席の種類をあらかじめ書いておいたメモを見せます。

「わかった。1番窓口に行って
「え?ここじゃ買えるでしょ?」
「1番窓口」
と、
2時間待った末に、20秒でたらい回しです。

周りの人も苦笑いしていました。

仕方なく1番窓口にいきます。
ここでは並んでいる人数は16番と同じくらいですが
人がすいすい捌けていきます。
15分ほど待って順番がきました。
メモを見せます。

その日の席は売り切れ。四日後くらいのしか空いてないね
と、一刀両断。

こうして、北京から二連浩特へはバスで行くことが決定しました。

さて今回の教訓。

・北京で列車チケットは、なるべく窓口以外
たとえば旅行代理店とかネットとかを利用して購入したほうがいいこと。

・外国人用の16番窓口よりも、1番窓口を先に試してみること。

・割り込みはしないこと。

以上、北京駅チケット売り場の様子でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)