上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

日本人にはあまり馴染みのない中央アジア。

入国する前は不安もありましたが

キルギスタンンはごく平和な国でした。

キルギスタンの首都ビシュケクは
人口100万人、ほどよく都会で、
のどかな街です。

キルギスタンの隣国は中国ですが
雰囲気は中国とまるで違います。

旧ソ連地域なので
街並みは西洋に近いです。

キルギス人は日本人と顔立ちがよく似ていますが

立ち居振る舞いはやはりヨーロッパに近いです。

そしてロシア系の住民も多く
「中央アジア」と呼ばれていても、
私たちが持つ「アジア」のイメージとはだいぶ違います。

IMG_7517_800.jpg

IMG_7570_800.jpg

IMG_7527_800.jpg

普通にしている分には、治安は問題ありません。

ただ、運が悪いと悪徳警官につかまります。

そして財布を見せろと言って、札を抜きとられます。

バザールにはスリもいます。
私も未遂にあいました。
(そこらのことは、「旅の役立ち情報」に書いておきます)

しかし普通は平和な待ちです。

IMG_7565_640.jpg

ビシュケクを歩いていると思うことは
緑が多い
ということ。

道路沿いには幹の太い杉や白樺が植えてあり
夏にはこんもりと葉を茂らせます。

木々の葉群が夏の強い日差しを遮ってくれます。
IMG_7965_800.jpg

IMG_7963_800.jpg

IMG_7891_800.jpg

ビシュケクはソ連時代に計画都市として整備されたので
道路は計画的に設計されています。

そして中心部には、共産主義時代の名残りを感じる
「ズドーン」として権威誇示的な建物が見られます
IMG_7592_800.jpg

IMG_7598_800.jpg

中心部をすこし離れたり
大通りから一歩裏に入ったりすると雰囲気はだいぶ変わります

道の舗装はおざなりになり
家々の塀やドアもくすんできます。
IMG_7879_800.jpg

IMG_7886_800.jpg

IMG_8024_800.jpg

それと野良犬も多いので(凶暴ではない)
犬が苦手な人は全力で逃げましょう
IMG_7911_800.jpg

地下鉄はなく、市民はマルシュルートカという乗合ワゴンか
路線バスかトローリーバスを使います。
どれも5ソム(9円)~8ソム(14円)といった料金で利用できます。

キルギスの物価が安いですが、それにしてもこの交通料金は安い。
まさに市民の足です。
西鉄バスも勉強してほしいものです。

キルギスの物価がどれくらいかというと
食事は一食70(120円)~200ソム(340円)くらい
コーラ25ソム(約42円)
映画140ソム(約250円)
散髪80ソム(約140円)
です。

この散髪80ソムは、たぶんキルギスでも格安です。
オシュ市場に、いくつも格安散髪屋があり
私もそこで切りました。
P1030392_800.jpg
自分の写真を持って行って、それを見せながら
「トップは長めで。サイドは短めで」
と注文しました。
「・・・」
と店員は無言で深くうなづいたものの、

けっきょく、最期まで一度もハサミを使わず
バリカンだけで仕上げました。


よほどバリテク(バリカンテクニック)があるのかと思いきや
たんに均一に切られただけに終わった。

散髪屋の外にでてすぐ一枚
P1030394_640.jpg
なんともやるせない表情がうかがえます。

ちゃんとした美容室にいけば、ちゃんと切ってもらえると思います。

さて
ビシュケクには2週間以上いますが、中国のときみたいな
ストレスはありません。

キルギス人はみんな物静かです。
怒鳴り合っているように話す人はいません。

ディスコに行ってもクレイジーな騒ぎはなく、
ほとんどの人が踊りを楽しみにきているだけみたいです。

みんな有効的なひとたちばかりでした。

キルギスは山や湖も多い
自然豊かな国でもあります。

リフレッシュしにここを訪れるのも
いいかもしれません。

しかし、街角のショロには気をつけて。

ショロとは街のコーナーにたくさんあるドリンク売り場で
買える、キルギスの伝統的な飲み物ですが
この味がかなり個性的
P1030430_800.jpg

個性的というか、正直まずい!!

P1030431_800.jpg
麦を発酵させた、ドロッとした発砲系飲料ですが
極度に酸っぱく、そして舌触りが不快。

キルギスの皆さんは好んで飲むらしいですが
私は一口でギブアップした逸品です。

キルギスにいったらぜひ、これもお試しを。
以上、ビシュケクの風景でした。
では
IMG_7973_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。