森です。

中央アジアでもいまいちマイナーな国、タジキスタン。
その中の二大観光地、パミール高原ワハン回廊

今回は、ワハン回廊の風景をお届けします。

ワハン回廊は、タジキスタンとアフガニスタンの国境を成す
数百キロにわたる長大な渓谷地帯のことです。

渓谷の底には川が流れていて
そのその川を挟んで、こちらがタジキスタン
あちらがアフガニスタンという具合です。

対岸にアフガニスタンがあっても、
戦闘区域ではないので、危険は(ほぼ)ありません。

一昔前までは、ここらは立ち入りが制限されていたので
旅人たちの間ではかなりの秘境扱いされていました。

私も話を聞いて、かなり厳しい環境の風景を想像していましたが
行ってみればなんと、私が旅した中でも1、2を争う超牧歌的な風景が拡がっていました。

灰色の山と川に挟まれた田園風景。
他の地域ではあまり見れない、独特の景観です。

では、ワハン回廊の風景をお楽しみください。


ワハン回廊へは、イシュコーシムの町を起点にしました。
ホーローグから南へ100キロほどの町です。
(詳しい行き方はそのうち、「旅の役立ち情報」の方に書いておきます)


朝9時30分。
前日に要約しておいた車のドライバーが迎えに来る。
(料金イシュコーシム⇔ランガールまでの往復、400ソモニ。約7200円)
実際は30分の遅刻だが、誰ひとりそのことには言及しない。
細かく時間を気にしない(しても無駄)な環境である。

その日は土曜日。
週一回のアフガンバザールが開催される日だ。
アフガンバザールとは、ここイシュコーシムの村とアフガニスタンとの間にかかる橋の上で、
週一回ひらかれるバザールである。
アフガン・タジクの両国から物資が持ち寄られる。
しかし、その日はバザール開催はなし。
ここ最近、中止の日が続いているらしい。

バザールの有無をチェックした後、イシュコーシムの村を出発。
最初に給油する。

こちらではドライバーが現金を持っていないことが多々ある。
だから、運賃はガソリンスタンドで徴収されることが多い。
その金でガスを入れるわけである。
参考として、ここら辺の給油の様子はこんな。
P1030993_640.jpg
なんとも荒々しい。。。


ワハン回廊を走る。
景色は「のどか~」の一言。

渓谷+秘境+アフガン国境というキーワードから
かなり厳しい環境を想像していたが
想像とは180%違っていた。

田畑はよく豊り、牛や羊は草を食む、
とても牧歌的な風景である。
IMG_1027_800_20110921175334.jpg
ただ日本の田園風景と違うのは、
両岸に灰色の山があること。
川の水の色も、灰色なこと。
である。
そしてこの特徴が、ワハン回廊の景観を独特のものとしている。

地面までも灰色になる場所も多い。
IMG_0983_800.jpg
対岸はアフガニスタンである。
アフガニスタン側には、あまり人はいない。
ホーローグでアフガニスタンビザを取って入国することもできる。

車は回廊を行く。

IMG_0936_800.jpg

P1040062_800.jpg

IMG_0946_800.jpg

ワハン回廊の東の拠点、イシュコーシムの村から
西のひと区切り地点、ランガールの村までは
「まっすぐ行けば2時間半~3時間で行けるぜぃ」
と説明されていた。

ただ、写真撮影で下車したり、温泉にも寄るので
もうすこし時間はかかるだろうと予想していた。
が、
それは甘い予想だった。

雇ったセダン車が、とにかく絶不調

オーバーヒートやら電気系統のトラブルやらで
頻繁にストップする。

その都度、ああだろうこうだろうと、調整をする。
その都度下車して景色を楽しめるのはいいが
それがあまりに頻繁だと、時間をもてあましがちになる。

同乗していたT君は、暇をもてあまし、なぐさみに遠投をする。
IMG_1011_800.jpg

IMG_1012_800.jpg
後ろでは通りすがりのドライバーを交えて対応を相談中。

しばらく走って、またエンジンは止まる。
その度にT君は、遠投。
IMG_1013_800.jpg

いくら応急処置をしても、車の不調のままだ。
調子があがっていくのはT君の肩だけである。
IMG_1016_800.jpg

そもそも、こちらの人には
「前もって整備しておく」
という考えがないようである。

「壊れたらその都度対応する」
というのが彼らの基本姿勢である。

これは車に限らない。
万事につけ、そういった傾向がある。
ホテルでも、町のインフラでも、なんでもだ。

さらに、「直す」といっても応急処置ばかりである。
だから、使っているうちにまた壊れる。
その度にまた応急処置ですまされる。

故障した時の不便を避けるために、
「予防、あるいはきっちり直す」
という処置をすることがない。


これは国民性なのか、それとも単に予算不足なのか。。。。

とにかく不便なものである。

さてさて

そんなポンコツセダンで
無謀にも山の上にある温泉に入りにいった。
その名も「ヤムチュン村の、ファティマの泉」である。
ヤムチュン村から山側に数キロ上った場所にある
ソ連時代の温泉保養施設だ。

山道は険しい。
もちろん車は何度もスタックする。


ただ、そこの景色がまた特別に美しい。
IMG_1100_800.jpg
車が故障して足止めになっても、
「それもいっかな」と思わせるような景色である。
同行のT君も、
「ここは俺の旅のなかでも、ベスト・ピースフルプレイスです」
と言ってその景色を讃えていた。


この辺境の回廊にも、は住んでいる。

子供たちはとても人懐こい。
IMG_1042_800.jpg
そして気持のよい笑顔を見せる。
IMG_1047_800.jpg

IMG_1039_640.jpg

そんなのどかな山の村を通り過ぎ
IMG_1121_800.jpg
その先に、温泉施設はあった。

このような崖に、造られている。
IMG_1124_640.jpg
すごいとこに作ったものである。

中央アジアの国々は、20年前まではソヴィエト連邦だった国々だ。

そしてソヴィエト連邦はいろいろな問題、批判があったが

しかしインフラ整備の点では、一定の成果をだしていた。
今も利用されている道路や下水道や、その他の諸々のインフラは、
ソヴィエト連邦の主導で整備されたものである。

だからこんな辺境の山奥にも、ちゃんとした保養施設が計画・施工されたわけだ。

独立してからのタジキスタンの経済力では、
こういった保養施設はおろか、
道路などの最低限のインフラも整備しきれていないのが現状だ。
(ホーローグ⇔ドゥシャンべ間の道路のひどいこと!)


さあ、
温泉だ。
温泉は滝のすぐそばにある
P1040075_800.jpg
というか、
滝壺をまたいで施設が造られている。
フランク・ロイド・ライトもびっくりである。
P1040083_800.jpg
↑この滝つぼの上に、風呂はある。

温泉は1時間ごとの男女交代で入浴する。
私は1時過ぎに着いたが、男性は2時からなので
それまで待った。
ここは人気の温泉で、
10人以上の地元民が訪れていた。
料金は外国人10ソモニ(約170円)

脱衣所
P1040081_800.jpg
この奥に温泉がある。荷物を置いていく不安もあったが
杞憂だった。

温泉は洞窟のなかにあり、湯は無色透明。
天井から温泉の滝が降り注いでいて、打たせ湯のような役割をする。
降ってくる湯も適温。
混雑していて、落ち着ける風呂という感じではなかったが、
さっぱりした。

そこのトイレ
P1040076_640.jpg
こんなもん見たくもないだろうが、見せてみた。

下山して、折り返し地点に決めたランガール村へ向かう。
IMG_1168_800.jpg
もちろん、車は不調をキープしている。
IMG_1156_800.jpg
ときどきストップして、調整する。

その間に川の側へいく。
鉛が混ざったような、独特の色だ。
IMG_1139_800.jpg

川辺の植物はどれも刺を持っている。
過酷な環境で生き延びるには、それなりの進化が必要だったということか。
IMG_1183_640.jpg

このように自然環境は厳しくはあるが、
そこで生きる術と知恵はちゃんとある。
動物も植物も人間も、それぞれたくましく暮らしている。
IMG_1193_800.jpg

そしてランガールに到着。

時刻はすでに5時になっていた。
6時間以上かかったことになる。
予定のの倍以上だ。

ランガールの村はかなり小さい。
民家で遅いランチ。
P1040119_800.jpg

P1040118_800.jpg
ランガール村からは、南東のムルガーブに抜ける道があるが、
交通量を考えるとヒッチハイクも難しそうだ。

ここからムルガーブまで車をチャーターしたら、
200ドル程度が相場だ(ムルガーブで聞いた言い値はそれだった)。

車の調子を考えると、帰りもどれだけかかるかわからない。
スープを食べて、すぐに引き返す。

しかし村を出て10分。
車はまたストップ。
今度はなかなかエンジンがかからない。
本格的にまずい、そんな雰囲気が漂う。
P1040124_800.jpg
通りがかった人たみんなで、頭をつきあわせていじる。
みんな修理のプロではないが、なんとかしようと頑張る。
こういった僻地では、助け合いの精神が強い。

みんなで車を押して、押しがけをするも実らず。
だんだん日が暮れてくる。
ここの村で一泊は避けたいので、私たちにも焦りがでてくる。

しかし景色はあくまで平和である。
その風景を動画でどうぞ。




T君はいったい、今日何度めの遠投か。
IMG_1334_800.jpg
IMG_1336_800.jpg

車が通りかかったので、牽引してもらいながらエンジンをかける。

すると、エンジンがかかった。


「!!!!!」

大喜びしながら、いざ出発。
夕陽も美しいワハン回廊だが、ストップして写真をとるような心の余裕はない。

もし車を止めたら、もう二度とエンジンがかからない、そんな不安のせいである。

美しい夕暮れはぜひ写真に残したかったが、
心に焼き付けるだけにしておいた。

ただそんな我慢も実らず、
車はまたストップ。

あたりはすっかり夜になっている。

今度は電気系統をいじって、またもや奇跡的に復活。

そして出発。

でもなんか煙臭い。
と思っていたら、
5分後
今度はなんと爆発した。

バン!!
という鋭い音がしたかと思うと
ハンドルの下から!!もくもくもく!!
と大量の白い煙が立ち上ってきた。

あまりにも絵にかいたような故障っぷりである。
思わず爆笑してしまったほどだ。。。
P1040126_800.jpg

しかし

これでもう復活は絶望となった。
それほど最終的な故障の仕方であるのは素人でもわかった。

通りかかった近くの村の人に牽引してもらい、
その村まで行く。
そしてその彼らと交渉して
200ソモニ(約3400円)でイシュコーシム村まで行ってもらうことにした。

本来は
イシュコーシムからランガールまでの往復で400ソモニの約束だった。
前金で200ソモニ渡していたから、
残りの200ソモニを使って、イシュコーシムまでの費用に充てた計算だ。

私たちのドライバーは、壊れた車とともにその場で残されることになり、
なおかつ、残りの200ソモニももらえないことになるが、何も文句を言わなかった。

ドライバーはいいやつである。
でも車はボロすぎだ。
爆発する車なんてはじめて見たぞ。

帰路の車は新しい四駆だったので、2時間もかからずに着いた。
早いもんである。

そんなわけでイシュコーシムに無事(?)到着。

いろいろあったが、
とにかくワハン回廊はとてもよい。

いろいろ旅をしてきたが、
他の場所にはない、独特の景観である。
時間がある旅人は、ぜひ立ちよってみてください。

ユニークな景色で、きっと楽しめる場所です。

今回はこれで。
では。
IMG_1102_800.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)