森です

リトアニアでビザ待ちの日々です。

今回はウズベキスタンの風景です。

ウズベキスタンにいたのは、もう一か月前のことですが、
私的には

「疲労させられる国」トップ5に入る国でした。

それはなぜか。

ウズベキスタンは中央アジアの観光大国なので
人々は観光客慣れしていています。
「外国人=マネー」的な概念ができあがっているので、
外国人はぼられます。

それを値切る苦労が疲れるんですね。
商品に「定価」のない国ですが、
「相場」はあります。
外国人だと、現地人の相場価格にいくらかのっけられます。
商店やタクシーや食堂など、いろんな場面でぼられます。
ときには細かーい額をぼってきたりする。
そういったいわゆる「チョイボリ」も横行しています。

たとえば、
昼にビールを2000スム(1ドル≒2500スム)で買いました。
そして夜、同じビールを同じ商店の違う店員から買うと
1700スムだったりします。

しかし、1700スムで売った店員が翌日には
同じビールを「2200スム」と言ってきたりします。
「昨日1700で買ったよ」と言ったら
「なら1700でいいよ」
と、そんな感じで物の値段はてきとーにブレます。

なので、相場というものを調べる作業が必要になってきます。
それがイチイチめんどうなんですね。
はい。

さて
ウズベキスタン観光のメインはイスラム建築めぐりです。

モスクやメドレセ(神学校)など、
中央アジアの中ではそういった建築がもっとも充実しています。

そのなかで今回はサマルカンドの風景をお届けします。
ウズベキスタン観光の王道の街なので
これでウズベキスタンのだいたいのイメージは掴めるかと思います。
では

IMG_1766_800.jpg
サマルカンドの市場。
イスラム教国だが、戒律は厳格に守っている人は少ない。
女性は顔をだしているし、アルコールも簡単に手に入る。
トルコのように、ゆるーいイスラムである。
しかし建築は、一級のイスラム建築である。
IMG_2066_800.jpg

建物の名前はもう記しません。
一月前のことなので、忘れた・・・
とにかくこれらの建築はサマルカンドにいけば観れます(←乱暴)
IMG_1774_800.jpg

IMG_1864_800_20111012054051.jpg

IMG_2148_800.jpg

IMG_2426_640.jpg

偶像崇拝が禁じられているイスラム教では
モスクの装飾に、キリスト教のように聖人や寓話などが描かれません。
装飾はアラビア文字か幾何学模様となります。
そうしたデザインを研鑽してきただけあって、
イスラムの装飾はかなり細密です。
IMG_2192_800.jpg

IMG_2210_800.jpg

きらびやかでも、派手という感じはしません。
計算された幾何学模様は「よく抑制」された感があります。
IMG_1990_800.jpg

IMG_2394_800.jpg

中央アジアのあとにキエフに入って思ったことは、、
キリスト教会の装飾は、かなりエンターテイメント的要素があるなと言うことです。

偶像満載。寓話を現した絵も山盛り。
しかし、当時の文字の読めなかった民衆には
こちらの方が断然わかりやすかったはず。

ドラゴンを倒す神の使途だったり
穏やかな笑みを浮かべるマリアだったり。
とにかく派手でわかりやすいのがキリスト教かと。

偶像崇拝を禁止したイスラム教の方が
ストイックな感じを受けます。
はい。


さてイスラム装飾ですが、
中には、ガウディ的なこんな曲線的デザインも。
IMG_2164_800.jpg

IMG_2030_800.jpg
厳粛であると同時に柔和でもある、不思議な調和です。

IMG_2197_640_20111012054244.jpg

所かわってこちらは新市街。
IMG_1897_800.jpg
すっきりとした街並みです。

そしたら次は旧市街の裏道。
IMG_1926_640.jpg
迷路のようです。

これはチャイハナ(茶店)でみかける台。
家庭にもよく置かれている。
IMG_1944_800.jpg
あの台の上でお茶をしたり、昼寝したりする。
夏は暑いので、中庭の木陰にこの台を置いて
みんなぐったりしている。
優雅なもんである。
サマルカンドは、2日あれば見て周れます。
IMG_2499_800.jpg

IMG_2560_800.jpg

サマルカンドのイスラム建築は見事です。
その点で、サマルカンドはウズベキスタン一です。
時間の無い人のウズベキスタン旅行は、
サマルカンドとヒヴァだけでいい
と言ってもいいと思います。

ヒヴァは小さいですが、18~19世紀の町並みをよく保っていて
サマルカンドとはまた違った良さがありました。

次回はヒヴァの様子をお届けします。

では今回はこれで。
IMG_2422_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)