上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ブダペストにいます。

ソヴィエト連邦がなくなって20年
「もはやロシアにはもはや往年のソヴィエト連邦の雰囲気はない」
と多くの(?)旅行者たちが嘆いています。

そんな中で
まだソヴィエトらしさを残しているらしい
と評される国があります。
それがロシアの隣国・ベラルーシです。

このベラルーシ、
ロシアと同様外国でのツーリストビザ取得の手続きが
面倒
なので、
トランジットビザを取って
二日間で抜けていく人が多いようです。

私もそのうちの一人です。

ただ、リトアニアではベラルーシのツーリストビザが
簡単にとれたという話があります

バウチャーも必要ないとか。

誰か試してうまくいったら、詳細を教えて下さい。

さて

私はウクライナのキエフのベラルーシ大使館で
トランジットビザをとりました。

即日の発効で
費用は無料。
ただ、旅行保険の加入が必要なので
大使館向かいのビルで加入させられます。
2日間で15クリブナ(約150円)

トランジットビザの有効期限は発給から30日。
滞在許可日数は2日間です。

キエフ発ミンスク行きの夜行列車に乗れば
日付が変わったあとに国境を越えるので
二日目の夕方にミンスクからリトアニアのベラルーシに抜ける
バスに乗るとして
ほぼまるまる2日、ベラルーシに滞在することができます。


はたしてベラルーシで今な亡きソヴィエト連邦を
感じることはできるのか。

では私が二日で駆け抜けたミンスクの様子を
お届けします。

さて
夜行列車はミンスクに到着。
P1050132_800.jpg
駅はかなり近代的。モダーン。
P1050140_800.jpg
ソヴィエト連邦テイストの建築、
いわゆる、「やたらでかく・装飾は少なく・そして老朽化している」
建築群を期待していたら肩すかしをくらう。

宿に向かって歩く。
P1050142_800.jpg

ロシアを旅してきた人は
彼の地なら人は誰も笑わないみたいなことを言ってましたが

ベラルーシではそんなことはありませんでした。
道を聞けば、みんな親切に教えてくれますし、

宿は街の中心にあり
そこまでいくとまさに、ソ連風建築群の群が!(←間違った日本語)
IMG_7080_800_20111030054748.jpg

IMG_7083_800.jpg

IMG_7092_800_20111030054746.jpg

直線を多用したデザイン。
人工的過ぎて窮屈さを感じます。

ただ、街のすべてがこんな景色かといえばそうではありません。
IMG_7187_800_20111030054820.jpg

IMG_7190_800_20111030054820.jpg

IMG_7171_800.jpg

IMG_7176_640.jpg

IMG_7195_800.jpg

IMG_7226_800.jpg

IMG_7219_640.jpg

IMG_7244_800.jpg
私がもっているソヴィエト連邦のイメージ
「陰気」
という感じはあまりありませんでした。


こちらベラルーシ郊外にあるスーパー
IMG_7135_800.jpg

P1050186_800.jpg
ベラルーシは、生活必需品の物価は安いです。
しかしそれは政府がある程度価格を統制してるかららしく
生活必需品でない贅沢品になると
価格は一気に跳ね上がるそうです。

さてこちらは「KBAC」(クバス)という飲み物で
中央アジアあたりからよく見るようになります。
P1050190_800.jpg
パンから作った発酵飲料で
色は赤みががった茶色。
味は穀物の風味+酸味+炭酸といった感じ。
うまいかといえば、そうでもない、と言っておきます。

ただこちらの人はクバスが大好きで
中央アジアでは夏になると
このクバスを売るスタンドが町のあちこちにでまして、
立ち止まってカップを持ってキュッとあおって
また立ち去っていきます。

さて
ベラルーシではおいしいコーヒーも飲めます。
こういう今風のカフェは、コーヒー一杯100円~200円くらい。
しかし客は外国人ばかり。
P1050151_800.jpg

こちらは国営グム百貨店の中にある食堂のランチ。
P1050169_800.jpg
このボリュームで230円くらい。

旧ソ連圏はもれなく立派な劇場(含サーカス)が多いので
エンターテイメントも多種多様です。
P1050196_800.jpg

オペラハウスではバレエの当日券が売り切れでした。
ただ、演目はアルマティで見たものと同じカンパニーの同じ演目でした。
ソ連圏を周ってるんでしょうか。

陽は暮れ
ミンスクでの一日はこんな風に終わります。
IMG_7285_640.jpg
ほとんど街の中心部を歩いただけだったので、
庶民の暮らしの様子などはあまりよくわかりませんでした。

二日で通り過ぎたミンスクの印象。
すっきりした街並みで、静かで、みなさんこざっぱりした格好をしてる。
そういった感じです。
IMG_7313_800.jpg

街の様子にすこしそっけない所があるので
たった2日ではこの街を愛する旅行者は少ないと思われます。

しかし

なにか正体のわからない感もあるので
また行ってみてもいいかなと
そう思わせる国でもあります。

以上
私が見たミンスクでした。
今回はこれで。
では。
IMG_7275_800.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。