上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョムリアップ・スオ
森です


バンコクから更新しています

先週までカンボジアにいて
アンコールワットを観てきました

アンコールワッッッット!!!

ちょっと叫んでみました。
思わず叫びたくなるくらい、あの遺跡は素晴らしい!!
のです

アンコールワットはメディアでもたびたび紹介される
とても有名な遺跡です。
みなさんも一度は聞いたり、見たりしたことがあると思います。

TVでも雑誌でも特集が組まれることもままあるでしょう
そうやって露出がとても多いから

私のなかはなんとな~く、イメージができあがってたんですね
行ってもないのに、見たことがある気に
なってたというか・・・
それどころか
実物を見たときに
「なるほどね、テレビや写真と同じだなあ」
なんて、そんな没感動にならないか、すこし危ぶんでもいました



そんな私のこざかしい先入観を
大粉砕するほど、この遺跡はすごい!!

すごいすごいと
言葉で書くだけではどれだけすごいのか
ピンとこないと思うので

どれだけすごいのか数値で表します

国連統計委員会の発表によると

1アンコールワット≒米国の1年間の消費電力量と同等のワット数
との算出がでています。
それだけでも、アンコールワットがいかにものすごいワット数なのかが
わかりますね
(参考までに、2007年度でいえば、アメリカの国家消費電力は4兆kwhを越えます)
ほんとうにおそるべき遺跡です


とにかく
アンコールワット遺跡に足を踏み入れると
圧倒されます

すべてが美しく豊かで、いつまでも感動がとまりません

どんな画像や言葉も、詩もメロディーも、
あの場の雰囲気を伝えきれはしないでしょう

遺跡が語りかけてくる歌を聴くには、遺跡の放つ香りに包まれるには
あの場所に立つしか方法はありません

アンコールワットにすこしでも興味がある方は、
是非直接、かの地まで足を運んでください

あの遺跡は、どんな期待も、どんな予想もはるかに超えた感動を
私たちに与えてくれます

次の休暇はアンコール
ですよ、みなさん!

次回は、アンコールワットの画像をアップします
では
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。