上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

疲れがたまっていたらしく
このところすこし体調を崩していまして
回復のためにブダペストでゆっくりしています。

その間に
滞っていたブログの更新をします。



北ヨーロッパのリトアニア!

とそういきなり聞いてすぐイメージがわく人は
少ないと思います。

そんなリトアニアですが
バックパッカーの間では
「ロシアビザが容易に取れる国」
として知られています。

ただ
2007年にロシアがビザ取得条件を改定してからは
リトアニアでもロシアビザが取れなくなったと
旅人たちが嘆いていました。

だがしかし
ここ最近、またビザが取れるようになったようで、
私も2011年10月に
リトアニアでロシアの30日ツーリストビザを取りました

その詳細は「旅の役立ち情報」の方に書きます。

さて
ロシアビザ取得のため
リトアニアで10日間過ごすことになったので
そのあいだにリトアニアの名所を周ってきました。

小国ながらなかなか見所の多い国です。

今回から数回にわたり
リトアニア名所シリーズ
として知られざる(?)リトアニアを紹介していきたいと思います。

まず第一回は
シャウレイにある
「十字架の丘 the hill of crosses」です。

このシャウレイという町の近郊に、
数万の十字架が立つ丘があります。
そしていまでも、その十字架は増え続けています。

十字架はこの数百年に渡り、
リトアニアのために犠牲になった人たちのため、
あるいは自らの信仰の証(ソ連時代は宗教が禁止されていた)のために
信者たちによって立てられています。

この丘はリトアニアの精神史には欠かせない場所で
世界遺産にもなっています。

さて
十字架の丘に行くにはまずリトアニア北部の
シャウレイ( Šiauliai) < /strong>
という町に行きます。

そのシャウレイのバスターミナルから
十字架の丘のあるバス亭「「domantai」ドマンタイ」へローカルバスで向かいます。

こちらがその時刻表。
IMG_8851_800.jpg
ドマンタイまでの所要時間は
10分~20分くらいでしょうか。
バス停から十字架の丘は見えませんが、
バスの中でそわそわしていたら、
あるいは「ドマンタイ・ドマンタイ」と呟いていれば
きっと周りの人が降りるところを教えてくれます。

ここで要注意なのが、
シャウレイへの帰りのバスが
「時刻表より5分早く来て、さっさと出発してしまった
ということです。

出発時刻ぎりぎりにバス停に駆け込んでも、すでに出発していた
ということもありうるので、余裕をもってバス停に着きましょう。

さて
シャウレイからドマンタイのバス停に着いたら、
次は徒歩です。
IMG_8468_800.jpg
のどかな田園風景を、
20分ほど歩きます。
IMG_8473_800.jpg
癒されます。

しばらくすると
野原のなかに剣山のようなものが見えてきます。
十字架の丘です。
IMG_8500_800.jpg

「数万の十字架の立つ丘」と聞くと
その数からある種の迫力ある光景を期待するかもしれませんが、
実際はそうではなく、その中に入り、ディテールを観て歩いて少しずつ
十字架の持つ存在感が体感できる
そんな場所でした。

IMG_8509_800.jpg

IMG_8516_640.jpg

IMG_8547_640.jpg

IMG_8537_800.jpg

IMG_8524_800.jpg

IMG_8534_640.jpg

IMG_8519_640.jpg

IMG_8521_800.jpg

IMG_8529_640.jpg

IMG_8541_800.jpg

IMG_8673_800.jpg

IMG_8687_800.jpg

さていいかがでしたでしょう。

丘の中を歩いていると、
少しづつその場の持つ力が
身体に染み込んでくる
そんな場所です。

リトアニア名所シリーズ
今回はシャウレイにある十字架の丘でした。
では
IMG_8565_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

シャウレイの丘というのを、ニコニコ動画の脳活性化BGMというので発見して、とても気になり検索したところ、このサイト見つけました。
ちなみにこの動画→http://www.nicovideo.jp/watch/sm5482510

写真を見たところ、とても不思議な気持ちになりました。
なんといいますか・・。
自分は宗教を持ってないのですが、
やはり何か魅かれるところがありますね。
ちなみに、この動画のBGMの3曲目あたりと雰囲気が合い過ぎて、
とてもしんみりきますよ♪
ぜひ聴いてみてください!

お邪魔しました!

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。