上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

クロアチアのドヴログニクにいます。

しかし
更新の方はまだロシアです。
もう一か月以上前のことなんだな・・

さて

政治・経済のモスクワに対して、
ペテルブルグは文化の街。

その象徴ともいえるべき二つの場所が
エルミタージュ美術館
マリインスキィ劇場
です。

エルミタージュ美術館!

・世界三大美術館のうちの一つ。
・所蔵作品300万点。
世界遺産


三大美術館のうち二つ
パリのルーヴル美術館
ニューヨークのメトロポリタン美術館
には行ったことがあります。

それら二つと比べてどうなのか?
IMG_1726_800.jpg

IMG_1737_800.jpg


入場料400ルーブル(約1000円)。
写真撮影料200ルーブル(約500円)。

うーん、
ロシアは観光地の入場料が高けえ(-_-)

しかし
入場して館内のマップを見ると
高い入場料のことは頭から消えた。

各部屋に
世界各地の一流の芸術品。

部屋の区分けを見ただけで
ワクワクします。


このエルミタージュ美術館。
もとはエカチェリーナ2世の宮殿だったので
内装も見事。


入場した先の階段がこれです。
IMG_1752_800.jpg

IMG_1745_800.jpg
この内装だけでもお金を払って見る価値があります。
IMG_1968_800.jpg

IMG_1815_640.jpg

IMG_1812_800.jpg

IMG_1808_640.jpg

そして一流の芸術であるこの宮殿の中に、
各分野で一流の芸術作品が並べられています。
とても贅沢な空間です。
IMG_1933_800.jpg
甲冑や武器
IMG_1894_800_20111122064038.jpg

IMG_1875_640_20111128072002.jpg
陶器・磁器
IMG_1914_800.jpg
絵画に
IMG_1956_800.jpg

IMG_1836_800.jpg
古代のミイラや彫刻などなど
IMG_2289_800.jpg

人がその芸術性を発揮して生み出した
多岐にわたる分野の作品が広い館内のなかに
展示されています。

絶えることなく現れる作品群、
芸術の海に溺れる快感がこの美術館にはあります。
ダ・ヴィンチの絵もある。↓
IMG_1782_800_20111128072002.jpg


世界的に有名な「印象派」の絵画もたくさん展示されています。
ルノワール、ゴッホ、モネなどなど。
その中でもとくに
ゴーギャン
マティス
の収蔵作品は他の美術館よりも特に充実しています。
もしこの二人の画家が好きなら、そのためだけに
エルミタージュに行っても損はありません。

これまでゴーギャンはそれほど惹かれませんでしたが
エルミタージュで彼の作品をまとめて見たとき
夢見るような彼の絵画世界にすっかり惹きこまれました。
IMG_2006_800.jpg

IMG_2003_800_20111122064100.jpg

エルミタージュは1日かけて周りましたが
それでもまだ見足りないくらいです。

ロシア旅行をする方は
必ずここを訪れて下さい。
その時はぜひたっぷり時間をとって
世界最高峰の芸術作品群に酔ってください。
満足できること請け合いです。

エルミタージュ美術館
世界三大美術館と呼ばれるにふさわしい
美の殿堂でした。

では今回はこれで。
IMG_2128_800_20111128074502.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。