FC2ブログ
森です

アンコール遺跡巡り二日目、
郊外の遺跡にはトゥクトゥク(ワゴンタクシー)でいきます

トゥクトゥクのドライバーは初日に引き続き「ルン」
です

彼がドライバーのルン
P1010256_640.jpg
ホラ、食べたがってたアリね」とアリをさしだすルン。
28歳、彼女なし。
カタコトの日本語を話す。

今日も晴天
いざベンメリア遺跡

ルンは快調にトゥクトゥクを走らせていきます
それにしても、
道路ですれ違うものって
そこのお国柄を現わしますね

日本って、基本的に車か人ですよね

カンボジアでももちろん、車とかバイクとすれ違いますが
その車やバイクの様子もどこか
日本とはちょっと違うんですね
P1010308_640.jpg
たとえば屋根とかに人が乗っていたり
P1010309_640.jpg
これでもか
と荷を積んでいたり
P1010302_640.jpg
故障して動かなくなったり
P1010306_640.jpg
こちらは通学途中の娘さん

途中から、道の舗装はなくなり

カンボジアによくみられる赤土の道路となります
P1010323_640.jpg
動物とかともすれ違うようになる
牛が圧倒的に多いですね

それにしても、今日も暑いです
40度近くいってないか?これ。

道は穴だらけで、かなりバンピー
激しく揺れます
P1010317_640.jpg
なにかにつかまってないと
外に放り出されそう

そんななか、
バンプするたびに
トゥクトゥクのつなぎ目の金具が、ルンの背中に突き刺さる!!
P1010334_640.jpg

「ねえルン、それ大丈夫なの?」
「うーん、ちょっと痛いね。でもいいよ」とルン

暑いだろう
痛いだろうが
プロのドライバーとして
がんばってくれルン!!

ここからしばらく、ルンのすばらしいドライビングテクニックをどうぞ

水たまりをよけるルンP1010313_640.jpg
牛を避けるルンP1010351_640.jpg
おやつをくれるルン
P1010298_640.jpg
米で包んだバナナを、バナナの葉にくるんで蒸したもの
一口目は微妙に感じたが、食べすすめるとおいいしくなる
そして
藪につっこむルン
P1010314_640.jpg

瞬間、車体から投げ出されそうだったよ。

二人がかりで藪からトゥクトゥクをひっぱり出す。
するとつづいてルンが衝撃の告白

「・・ガソリン足りないかも」

!?このタイミングで言うこと!?

しかしさすがプロフェッショナルドライバー・ルンの読みは正しく

走り出すとすぐにエンジンがあえぎだす

まるで砂漠で枯れた喉のように、エンジンがぜーぜー言ってる。

「ここでガソリンなくなったらどうなる?」
「うーん」
と、ルンは明言しない。
つまり、困る、ということだ。
そんななかでもルンは笑顔を絶やさない。
プロだ。
というよりも、カンボジアの人はみんな鷹揚に構えているから
なにごとにも「動じる」ということがなさそうなのだ。

きっとこれくらいのトラブルは、日常茶飯事なのだろう。

さてトゥクトゥクのほうは、
だましだましの運転で
ガソリンのある店にたどりつくことができた
P1010355_640.jpg

ガソリンはこんな風に、ビン詰めで売られている。
そこここの村で何度か見かけたが、ずっと食用油でも売ってるんだと思ってたよ。

まったく、
どうしてガスがないのに気付かなかったのか、
とメーターをのぞきこむと、
P1010356_640.jpg

そんなもんなかった

こういった感じで
二時間弱、
無事ベンメリアに到着しました

次回はベンメリアを探検します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)