上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ロンドンにいます。

ロンドンに来る前にいたのが、
マルタ共和国。

今回は
騎士団の作った国
地中海に浮かぶ要塞都市・マルタ共和国
の風景をお届けします。

マルタ共和国は地中海は
シチリア島の南に浮かぶ島、
小さな共和国です。

<40秒でわかるマルタ共和国の起源>
11世紀、
キリスト教の巡礼者を警護するために
設立された聖ヨハネ騎士団が

流れ流れて、

このマルタ島にたどりつき、
島を騎士団の本拠地としました。

騎士団によって島は要塞化され、
現在ではその景観が重要な観光資源となり、
貿易と観光が国の主要産業となっています。

以上。

現在のマルタ共和国は
1964年にイギリスから独立して
成立した国なので
そのため英語はよく通じます
イタリアに近いので、イタリア語もよく通じます。
マルタ語の響きも、イタリア語に近いものがあります。

EUにも加盟しているので、
島内の雰囲気は
アドリア海沿岸の地方都市といった風情でしょうか。

ではそんな
マルタ共和国の楽しみは何でしょう。

夏は海。地中海は美しい。

冬は何?冬のマルタは地味です。

私がマルタに行ったのはクリスマス直前でしたが
首都ヴァレッタの町に
イルミネーションの飾り付けありましたが
地味です。
平和です。
ドイツのクリスマスマーケットと比べたら
ライオンと三毛猫くらいに、勢いに差があります。
IMG_4819_800.jpg

IMG_5071_800_20120120001552.jpg
首都ヴァレッタは海に突き出た小さな町です
町を歩くとじきに行き止まり
海となります。
IMG_5089_800.jpg

町は騎士団によって要塞化されたので
高い城壁に囲まれています。
IMG_5026_800.jpg

IMG_4899_800.jpg

この城壁沿いに歩くと、断崖の下へ降りる階段を発見。
城壁の外をそぞろ歩けるみたいです。

この日

風強し。

波高し。
IMG_4905_640.jpg

IMG_4925_800_20120120001433.jpg
道が続いているとつい
その先がどうなっているか観たくなる。
人情です。
好奇心がネコを殺すとも言いますが
ここはマルタ共和国。猛獣や武装勢力の心配はなし。

そぞろそぞろと歩いていきます。
そしてその先には

建設中の橋が一本。
IMG_4981_800_20120122073215.jpg
工事は順調に進んでいるのでしょうか。
打ちやられた感もありますが。。。

人は放っておいても
自然はいつもその側にあります。

このロンリーブリッジに襲いかかる地中海の牙。
IMG_5002_800.jpg
すさまじい力感。

海の強大な質量からすれば、
陸地へ飛沫をあげる波などは
小指の先のうぶ毛ほどのものですが

人間にしてみれば
猛獣よりも破壊的な迫力
となります。

ずっ
IMG_4989_800.jpg
ずどど
IMG_4990_800.jpg
どがーーん!!
IMG_4983_800_20120122073214.jpg

すさまじい迫力、スペクタクル。
観ていて飽きません。

しかしいいのかこれ、
橋、壊れるんじゃないか?

待てよ。
もしかしたらこの橋、解体中の橋なんだろうか。

いいところまでバラしたあとは、
「よし。あとは地中海に壊してもらおうぜぃ」
ってなノリか?

IMG_4999_800.jpg

しかし力強い。
美人で朗らかなイメージの地中海も
荒れるときは荒れるんですね。

さて
そんなこんな
予想以上に長くなってきましたので
今回はこれで終わります。


次回
迫力ある海の様子に続いては

豪華絢爛

陶酔の空間・聖ヨハネ大聖堂
の様子をお届けします。

ではまた。
IMG_4976_800_20120122082125.jpg
波の画ばかりだな・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。