上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイダース森です

ルンのドライビングで二時間弱

アンコール遺跡群のひとつ
ベンメリア遺跡にやってきました

この遺跡のチャームポイントといえば
ほとんど修復がなされていない
ということです

ここは、90年代に発見されて
それからなんとなく(?)ほっておかれて
ほとんど整備されていない

つまり
数百年間、森のなかに眠っていた
そのままの姿でわれわれを迎えてくれるのです

崩壊した遺跡のなかを歩けば
気分はインディアナ・ジョーンズララ・クラフトってなわけですよ。
はい。

10歳の子供すべてが憧れるような
夢の世界がそこにはあります

このベンメリアは、
シェム・リエップの町からトゥクトゥクで2時間弱と
けっこう離れているので
訪れる人も少なく
昼間でもひっそりとしています

そんな遺跡を探検していると、
まるで自分が歴史上で初めてこの遺跡発見したような、
そんなリッチ錯覚酔えます

IMG_3820_640.jpg
どうです↑これ
こうやって月日の侵食を受けて崩れた
石の上なんかを歩いていくわけですよ
たまらないわけですよ
IMG_3865_640.jpg
ところどころに神殿のようなものがあったりね
IMG_3890_640.jpg
どこか間違えた場所を踏んだら下に落ちちゃう!みたいな、
トラップ的な足場とか
IMG_3793_640.jpg
空中回廊を歩いていたら
柱が途中でくずれていて、先に進めなくなったりね

そんじょそこらのテーマ―パークなんて
目じゃないわけです

だってすべてが本物なんですから
たとえば、そこらに落ちている石とかに
IMG_3792_640.jpg
こんな芸術性の高い彫刻がなされている
IMG_3863_640.jpg
この芸術性の高さ、美しさ。レプリカじゃこうはいかない。
豊かな文明の、その衰亡のあとを歩いている
そういった感慨が深い

さらに、
ベンメリア遺跡のすごいところは
ほとんどの場所が歩けるようになっているところです

先に言ったようにこの遺跡、ほとんど整備されてないんです
だから、補修とかもほとんどなされていない
石造りの、補修もしていない遺跡を勝手に歩かせるその、
カンボジア政府の大らかさがすばらしい!

日本だったらこの遺跡、まちがいなく全面立ち入り禁止区域になるでしょう

ありがとう、カンボジア政府!

そんなだから、建物のなかにも入れます
IMG_3830_640.jpg
こんなに岩が崩れてるところに、よく入らせるなあ
ありがとう、カンボジア政府
IMG_3783_640.jpg
IMG_3838_640.jpg
こういった廊下はいくつかあります
これは中央塔を囲む回廊のなか。
こういう回廊を歩いていると
自分が冒険物語の主人公になったような
そんな興奮があります

ミイラとかモンスターとか
トラップとか謎の石板とか
そういうの出てこないかなあ
とかね

IMG_3900_640.jpg
出口は、岩で塞がってなかったら、でられる
IMG_3782_640.jpg
でられない

IMG_3786_640.jpg
この日も暑かったんですが
もう夢中で遺跡のなかを歩きまわってました

もし10歳のころここに来てたら
完全に探検家になりますね
10日間くらい寝ないで遊んだことでしょう
あげくに秘密基地とかを作りそうです

ベンメリア
強力にプッシュします
アンコールワット、バイヨンの次にまわる
第一候補にあげてみてください
では
IMG_3817_640.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。