森です

マラケシュにいます。

このマラケシュで人生初の手術
を受けてきたました。
今回はその話です。


マラケシュに着く数日前

朝起きてトイレに行って思わず
「なんじゃこりゃー!(優作)」
と叫んだ。

太ももの付け根に、直径2cm~3cmほどの
ボール状の腫瘍がぶら下がっている。

そもそもその場所には、
数年前から小さな袋状のできものがあったが
小さく、とくに害もないので放っておいた。

それがモロッコの朝に、突然膨れ上がったのである。

一晩でそこまで急成長したことに驚く。
ボール状の中に何があるか知らないが
パンパンに膨れているそれを見ていると
よくないものが詰まっているようで
不安になってくる。

日中活動していると
その腫瘍が擦れて痛くなってくるし
正体不明の気味悪さもあるので
マラケシュで病院にいくことにした。

保険会社と連絡をとると
「腫瘍は旅の前からあったものなので、急に悪化したからといって保険が適用されるかわからない」
と、なんとも頼りない意見をもらう。
しかし大きくなった腫瘍を放っておくわけにもいかないので
切除手術を受けようと考える。

保険会社と地元の人に勧められた病院は
「Clinic international de marrakech」
P1160001_800.jpg
モロッコの中ではかなり
近代的な設備を持った病院だ。
P1160005_800.jpg

P1160006_800.jpg
フナ広場から歩いて20分。
タクシーで15~20dhくらい。

昼に病院へ行き症状を医者に見せると
「午後五時にその道のスペシャリストが来るから、また来なされ」
と医師に言われる。
フナ広場あたりのモロッコ人とはまるで違った、
落ち着いた物腰である。
P1160003_800.jpg

しかし、
箱は立派でも組織はまだまだなところも多く
各部署の連絡不足で
かなり無駄な時間や、不必要な手間がかかっているのが実感だ。

さて
午後5時にまた病院へ行き、
スペシャリストと話す。

お互い半熟の英語だが彼が言うには、
「この腫瘍が良性か悪性か今はわからない。
 でもいきなり膨れ上がるということは
 悪性になっている可能性もある」
結果、切ったほうがよい。
ということです。

手術は簡単だから心配するなということ。

手術は翌日の朝8時から。
昼には帰れるということだ。

モロッコで「Clinic」とは私立病院のことで
医師のレベルは公営病院よりも高い。

しかし値段も高い。

「手術費用はおいくら?」
と事務係に伺いを立ててみた。

これくらい
とだされた見積もりの金額
4500ユーロ。
明らかに桁がひとつ間違っているので
私がペンでゼロをひとつ塗りつぶす。

「450ユーロ(約5万円)!」
五万円はモロッコ人の月収と同程度の額だ。
かなりの高額で、驚いてしまう。

もう少し安くならないかなと、
その方法を思案した。
そのとき病院スタッフが、
「いやいや、間違ってないよ。4500ユーロ(約50万円)だよ」
とさらりと言ってのけた。

・・・・
・・・・・
4500ユーロ!?
約50万円!!!


「4500?」と私
「4500」とスタッフ
「DH(デュラハム)じゃなくて?」(1dh≒10円)
「うん。ユーロ」
「高すぎだよ」
「高いわね」
「これ、モロッコで誰が払えるの?」
「うーん・・」
「あなただったら払える?」
「まさか!」

と、事務係の女性は笑う。
平均月収が4~5万円のモロッコで
現実とは思えないこの価格。

しかも今回は保険会社が、保険が適用されるか
わからないと言っている。

で、あれば4500ユーロなんて手術は受けない。

4500ユーロ払うなら、ロンドンに戻って
もっとちゃんとした病院(←失礼)で手術してもらったほうがいい。

などと考えていると、事務係の女性が
4500ユーロの文字に×を打った。
「ふふふ、でも心配しないで。これはHQRの値段。
医師が提示するClinicの価格はもっと安いのよ」
と言って示した金額が4500Dh(約45000円)
いきなり十分の一かよ!

まるで物売りの常套手段のような価格設定だ。
(高く提示し、つづいて安い価格を提示する)

この病院「clinic internationl de marrakech」はスペイン系の組織が
運営している病院だそうで、
それまでの価格は、その組織の設定価格が4500ユーロ。
対して4000Dhは、このクリニック独自で設定した金額。

「そもそも、誰が4500ユーロの方を選ぶの?」
「保険で払える人もいるからね」
「こっちの保険って100%でるってこと?」
「80%~100%はでるわよ」
「でも保険に入ってない人もいるんじゃない?」
「そういう人は、公営の病院に行くわ」

と、そんな状況らしいです。

後から聞いたら、モロッコで保険に入っている人は
20パーセントほどらしい。


ここの病院は私立で、設備は近代的だ。
そのぶん治療費が高いので
客層は金持ちか外国人である。

お金持ちが良い医療を受けられるのは
モロッコでは日本よりも顕著なのかもしれない。

そして手術費用の4500Dh(約45000円)
50万円から比べると十分の一以下だけど
それでもモロッコの物価を考えるとかなり高い。

と思ったが、腫瘍を放っておくのは怖いので
切り取ることにした。

ということで
手術は3月9日の午前8時に決定。

次回は手術の様子をお届けします。

では今回はこれで。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)