上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ガンビアのリゾート地ファジャラにいます。

マリで起こったクーデターで足止め状態ですが
こんな宿
_MG_5664_800.jpg
に泊まっているので
切迫感はゼロです。

ちなみに上の宿を訪れたときのこと、
「一泊いくら?」と聞くと
「1250ダラシ(約3400円)だよ」
「ああ、ダメだ。俺の予算500ダラシだもん」
1250ダラシは払えないので
私は断るつもりでわざと安すぎる金額を言ったのですが
「じゃあ500でいいよ」
と、なんともあっさり半額以下の値下げ成立

オフシーズンのガンビアのリゾート地は
ホテルが簡単に値下げできると聞いてたけど
本当にそうでした。

それでも500ダラシ(約1350円)は
バックパッカーには高い値段ですが、
朝食付きで、プールつきで
セキュリティもついていて、
もちろんシングルルーム、ホットシャワー付き
清潔で、そして蚊帳に穴が開いてない!
ブラボー!
西アフリカで、このクオリティで、この値段は
安いと思います。

結局、マリのクーデターの様子見の間はずっとここ
「ホテル・サファリ」にいました。

場所はバンジュール近郊のリゾート地
ファジャラ(fajara)にあります。
ファジャラのメインストリートに看板が出ているので
そこの路地を入っていってください。

こんな部屋。ハラショー。
_MG_5657_800.jpg

さて
マリのクーデターから1週間が経ちました

どうやら商店などは再開されて
航空便も運行。
国境も開いたみたいです。

しかし
クーデターを起こした軍が
国内・国際的に支持を得て
クーデターが成功したわけではありません。

前大統領の生存も確認されたので
これからもまだ不安定な状況は続きそうです。

各国のメディアや
現地にいた日本人からの情報などから
現状、常に命の危険があるようなではなく、
マリを抜けることはできそうなので
明日ガンビアを出てマリへ向かってみます。

ガンビア川を東に向かい
basse santa su まで行き
南下してセネガルの「vlingara」へ。

そこから「tambacounda」まで行き
そこで一泊

翌朝に出発してマリ入国→バマコ入り
したいと思っています。

バマコですることはブルキナファソビザ取得のみ

それが終わったらすぐ東進して
ブルキナファソに向かいます。

マリ観光の定番は「ドゴントレッキング」
ですが
政情が不安定なのと
手術した足の状態があまりよろしくないのと
それとドゴントレッキングは正直、
なぜかあまり心に刺さってこないので
見送ることにします。

状況が許すなら
ディジェネで泥のモスクを見ていきます。

とりあえず明日
セネガルのtambacoundaまで行って
もう一度マリの様子を伺ってみます。

私は危険な場所を旅することに
快感を憶えるタイプではないので
危なそうだったらあっさりマリ、諦めます。

さらに
マリのブルキナファソ大使館が
正常に機能しているかも
よくわからんので

もしかしたら
ブルキナファソビザを取りに
ダカールに行くかもしれません。

そこらへんは明日決めます。

とにかく、
ひとまずアフリカの西海岸とは
お別れです。

内陸に向かいます。

ではみなさん。
また。
_MG_5694_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
ちょうど今月にマリ(ドゴン)を旅行しようと思っていて、
検索していてこのブログにつきあたりました。

とても大変な状況のようですが、
もしも現在のマリの入国可否や国内情勢などもし
出来たらブログで報告していただけると
大変有り難いです!

お身体にきをつけてください!

URL | sato ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。