上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ダカールにいます

ダカールで各国のvisaを取りながら
クーデターの真っ最中である
マリ入国の可能性を探る日々でしたが

マリの状況は一向に好転しません。

ECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)の制裁を回避するために
クーデター軍はECOWASの条件(憲法秩序回復など)を呑むと
発表したものの
「口だけでその姿勢が一向に見られん」と、制裁は続行中です。

制裁により
マリを囲む現在全ての国境が閉じているかといれば
そうではないようです。

昨日4月5日に、バマコからダカールに抜けてきた
旅行者と、宿で会いました。
なので、セネガルとマリの間の国境は
4月5日の段階で旅行者が通れたようです。

ただ今後
制裁による物資不足の混乱や
国境の完全閉鎖などの可能性もあるので
いまマリ入りするのはかなり無謀です。

さらに、
クーデターの混乱に乗じて
北部のガオやトンブクトゥを制圧したトアレグ族勢力が
北部の独立を宣言しました。

クーデター後に滞在していた旅行者は
バマコは日常が戻ってきていたと言ってましたが

総合的に見て、状況は悪化しています。

よって
今回はマリ入りを断念することにしました。

明日ブルキナファソに飛びます。

ブルキナはマルチビザを取ったので

私が西アフリカにいる間に混乱が収まれば
マリ入りするけど
どうもそれは難しそう・・

以上
近況でした
では
関連記事
スポンサーサイト

コメント

マリの近況報告ありがとうございます。
現地旅行者の情報がなく、ニュースも曖昧なのでとても参考になりました!
色々と参考になる情報、大変ためになります。

お体にお気をつけてよい旅を!




URL | sato ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。