上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ナミビアのスワコップムントという町にいます。

日本を発って10ヶ月が経ちました
私、最近旅にお疲れ気味です

西アフリカに入ってからというもの
「よっしゃ!いくぞーーー!」
という情熱を燃やしきれないのは
西アフリカの観光資源が少ないないからじゃない。
(いや、それもあるか?)
私自身の中の西アフリカに対する情熱が
少ないからだと、旅をして気づきました。

そのうえ不運も続いてるし。
西アフリカ。

そういった状況の中
今回は
ブルキナ・ファソにあるティエレベを
驚くほどのローテンションでご紹介します。


さて
ティエレベというのは小さな村の名前で
土壁を伝統的な幾何学模様でペイントしてあるが
あまり有名ではない。
しかしまあ、見に行った。

首都ワガドゥグーから
ラキエタというバス会社でポーという町に行く。

所要2時間半。
料金2500フラン

ポーでの宿はホテル「リド」
エアコンつきでツインが10000フラン
安いね。

ポーからティエレベの村までは
公共の交通機関はない。

タクシーと交渉だ。
他に交通機関がないからふっかけてくる。

一番面倒なパターンだ。

こういったふっかけドライバー達。
ワガドゥグは内陸国だが、
もし海があったなら私は

彼らの手足を縛り

水漏れのする船に乗せて漏れなく
海に沈めてやりたい。
(なんかトンチみたいな文章)

ホテルのお抱えタクシーのオファーは
20000フラン(3600円)。
ちなみに、首都ワガドゥグでは
月給30000フランの仕事があれば
恵まれているのが現状。

そこから1500フランまで値下げ。
そのあと
町のタクシー乗り場に行って交渉
最終的に12000フランの価格で合意。

もっと粘れば10000フランは切れます。

ティエベレだけなら
3時間くらいで行って見て戻ってこれるので
通常なら7000~8000くらいでもよいくらい。

タクシー乗る。
走る
_MG_7557_800.jpg

_MG_7571_800.jpg

_MG_7570_800.jpg

_MG_7582_800.jpg

_MG_7581_800.jpg


通り過ぎる村々は、
ほぼ自給自足の生活をしてる模様。

電気はあるようだ。
自転車やバイクもある。
しかし衛生面はひどそうだ。
ブルキナファソは世界の最貧国のひとつである
といわれている。
その最貧の最前線の村々だが
地獄のような場所というわけではなかった。
もちろん生活は楽なわけなさそうだけれども。

ティエレベ。

ペイントされてる家はごくわずか。
ある一族がの家が集まっている場所だ。

サンクチュアリ(聖域)などと呼ばれとる。
そこは入場料が必要=2000フラン
入り口の前にはその村の一族がたむろしている

男たちがたくさん
昼間から仕事もせずに
だらだらしている

みんな先祖が残したこの文化遺産の
収入に頼って生きているのだろうか。

その中の1人が
「ガイドがないと中には入れない」
と強情に言う。

ガイド料は5000(約900円)フラン。
繰り返すが、月給30000~40000フランが
普通のブルキナファソでは、
これはかなりガメツイ価格だ。

しつこく訊ねてみた。
ガイドは必須じゃないのがわかった。
しかし、ガイドがいないと家の中や
彼らの暮らしは見れないという、それだけだ。

結局
「俺はガイドをする。終わってお金を払う気があったらくれ」
とのことで、ガイドはついてくることに。
(結局最後に2000フランはらった)
_MG_7601_800.jpg

村の規模はものすごく小さい。
数軒しかない。
_MG_7617_800.jpg

_MG_7614_800.jpg
複雑な形をした
自然界の景色しかない環境のなかで
どうしてここの人は
直線を多用した幾何学模様を
生み出したのか。
_MG_7605_800.jpg

_MG_7604_800.jpg

疑問だ。
いつもならこの疑問に
なにか理屈をつけようとするのが私だが
今回はしない。
なんかその気がおきない

こちらはひよこの家。
_MG_7611_800.jpg

ピヨピヨ。

こちらは祖先や神のことが書いてある。
_MG_7613_800.jpg


ガイドの説明を聞いても
_MG_7625_800.jpg
家の中に入っても
_MG_7620_800.jpg
そこまで心は躍らなかった。


しかし
家の中で
幾つかよい写真が撮れた。
_MG_7631_800.jpg
光の入り具合が秀逸だ。
_MG_7641_800.jpg
この採光の仕方には
とてもセンスがあると感心しました。
_MG_7651_800.jpg
見学終了
ポーに戻ります

その気になれば
ワガドゥグーから日帰りも十分できます。
以上
ポーからティエレベまでは
45分→観光1時間→45分で戻って来れます。

以上
プチ観光、ティエレベをローテンションで
お送りしました。

西アフリカで
私の旅心は休火山でしたが

今いる東アフリカのナミビアは
私好みな予感があります。

なにしろ涼しくてそれがいい。

ではまた
_MG_7687_1600.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お元気~?

久しぶり!
最近、ブログ更新がないけどお元気ですか~!?
ネット環境のせいかな。

URL | ROKO ID:SFo5/nok[ 編集 ]

Re: お元気~?

> 久しぶり!
> 最近、ブログ更新がないけどお元気ですか~!?
> ネット環境のせいかな。

元気でやってます。

更新が滞ってたのは
ネット環境と疲労とやる気の問題やった。

いまはロンドン
これからガンガン更新するよ。

URL | 森たくや ID:-

大好きなロンドン滞在、気分も上がるね!

URL | ROKO ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。